20代男性の婚活は、有利?不利?若いがゆえの問題もある?

20代男性の婚活は、有利?不利?若いがゆえの問題もある?

20代男性の婚活は、有利?不利?若いがゆえの問題もある?

晩婚と言われて久しい現代。

 

あまりに世の中が晩婚を叫ぶことから、逆に早めに婚活に興味を持ち始める堅実な若者も、最近は増えているそうです。

 

婚活は若いほど有利にも思われますが、20代の男性にとっては、若さが必ずしも有利にはたらかない現状も、あるようですね。

 

20代男性の婚活にフォーカスし、20代男性はどのような婚活をしていくべきか、考えていきましょう。

20代男性の婚活は、ほんとの婚活?恋活?

20代男性が婚活をしていく上でまず明確にしなくてらならないのは、それが本当に婚活であるのか、もしくは婚活と言いつつも実際には恋活であるのか、ということです。

 

 

婚活は、この先の人生をいっしょに歩んでいく相手をみつける活動で、婚活で出会った女性とお付き合いをするということは、暗黙の了解で「結婚前提」がついてまわることになります。

 

 

一方恋活は、恋人を探すための活動。

 

結婚も考えてはいるけど、その前にまず恋人同士の期間をじっくり過ごしたい、そのための相手を探すのが、恋活です。

 

 

このどちらの気持ちが強いのかというのは、婚活においてとても重要視される問題です。

 

 

婚活の場は、なるべく早く結婚をしたくて婚活をしているという人がほとんど。

 

恋活的なハンパな気持ちで婚活の場にいくと、あなたにとっても、最初から結婚前提の交際を迫られる面倒な状況になりかねません。

 

 

一方、婚活の場で出会った相手と“早めに結婚”を考える女性からとっても、結婚をまだ本気で考えていないあなたは、迷惑な存在となってしまいます

 

婚活という言葉を安易に使わず、まずは自分が求めているものを、整理してみましょう。

婚活において20代男性は敬遠される?

20代男性の場合、恋活ではなく本気の婚活をしているとしても、周りから見ると、若いがゆえに本当に結婚する気があるの?という目で見られてしまいます。

 

婚活では、30代40代50代と歳をとって結婚に焦っている男性を、女性もたくさん見てきていますから、20代で本腰を入れて婚活をしている、という人は珍しい部類なんですね。

 

 

そういう目で自分を見る女性に対して、20代男性は、自分は本気で婚活をしているんだということを、示す必要があります。

 

 

結婚後の生活や将来について、具体的なビジョンを持っていますか?

 

婚活で女性が知りたいのは主に相手のそういう部分ですから、あらかじめ自分なりの将来設計を立て、女性にも説明できるようにしておく必要があるでしょう。

 

 

また、女性が結婚相手に求める大きな要素として、「年収」があります。

 

年収は、基本的に年齢と共に上がるものですから、まだ上がりはじめの20代男性にとってはウィークポイントになりがち。

 

 

これについても、20代だから“まだ”年収が低いだけであって、若い分だけのびしろは十分にある、ということを自分の言葉で説明できるようにし、将来設計に組み込んで話せれば、女性側としても安心できるでしょう。

 

 

20代女性は待っているだけでも引く手あまたですが、20代男性は、先のような理由で敬遠されがちになり、待っているだけは、なかなかお声がかからないこともあります。

 

自分から積極的に女性に声をかけにいき、結婚する気は大いにあるという意思を相手に見せれば、女性側の反応もだいぶ変わってくるはずです。

20代男性が婚活を成功させるには?

20代男性が婚活でアピールするべきものとは、なんでしょうか?

 

もちろん若さはひとつの武器なのですが、若いというのは、一歩間違えると頼りないということにつながってしまいます。

 

 

女性は、特に生涯ともにする結婚相手に対しては、“頼りがい”も求めたいいきもの。

 

先ほどの話にも関係しますが、自分の将来のビジョンをしっかり持ち、落ち着いたふるまいをすることで、「20代なのにこんなにしっかりしている」という印象を相手に与えることが大事です。

 

 

20代の男性が一番モテる女性の年齢層というのは、実はアラサー世代の、自分より年上の女性なのです。

 

20代の女性からすると、同じく20代の男性というのは、精神的にも経済的にも若干頼りなく感じてしまう部分も。

 

しかしちょっと年上で姉御肌のアラサー女性たちからみると、20代でも婚活を頑張っている男性というのは、将来性を買い、一緒に人生をがんばっていくパートナーとして充分な存在なのです。

 

 

年上女性であれば、経済的にも20代男性よりは余裕がありますから、男性側の収入だけに頼ることなく家計をつくっていくことができます。

 

経験が多い分、精神的な支えにもなってもらえ、20代男性にとっても、アラサー女性というのは結婚しやすい相手なのです。

 

もし同年代か年下しか目に入っていなかったとしたら、ちょっと年上女性にも目を向けて活動してみると、だいぶお相手の選択肢も広がることでしょう。

まとめ

婚活市場では、男女共に“気づいたらもうこんな歳”という理由で婚活を始める人が多いので、20代男性で婚活をしている人というのは、少数派になります。

 

 

まだ20代だということがわかると、早く結婚したい女性からは「まだ結婚なんて先のことだと思ってるんでしょ」とばかりにスルーされてしまいがち。

 

世代的にも20代の男性は草食男子が多いかと思いますが、草をむしゃむしゃ食べているだけではお声はかからず、全く婚活は進みませんから、婚活市場においてはしっかり自分から女性にアピールしていきましょう。

 

 

結婚相談所は、20代の男性には敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、本気で婚活をしているのであれば、おすすめの婚活方法です。

 

結婚相談所は、さまざまな証明書や書類を提出し、決して安くない入会金を払った「本気で婚活したい人」が集まる場。

 

 

婚活パーティーやなどでは「結婚に本気じゃないんじゃないか」と思われがちな20代男性ですが、結婚相談所であれば、登録している時点で、結婚に本気であることは他の会員にもわかるわけです。

 

前途有望な20代の男性が本気で婚活をしているとなれば、他の婚活方法よりは数段お声がかかりやすいでしょう。

 

 

20代で婚活をしようと思い立ったことは、人生においてとても歓迎すべき事と思います。

 

その勢いのままに婚活も突き進み、20代で大きな人生の幸せを手に入れてくださいね。