婚活市場の30代は男と女で立場が真逆になる、魔の現実直面世代!

婚活市場の30代は男と女で立場が真逆になる、魔の現実直面世代!

婚活市場の30代は男と女で立場が真逆になる、魔の現実直面世代!

世間では男女平等が叫ばれて久しいですが、婚活市場においては、男女はまったく平等でありません。

 

特に30代の婚活男女においては、それぞれの婚活市場での立ち位置、異性からの扱われ方が、見事に真逆になってきます。

 

男性は天国、女性は地獄という魔の年代なのです。

 

何が地獄で何が天国なのか、その詳細について、ご説明していきましょう。

婚活するのに30代は、早い?遅い?

実際に婚活している人というのは、どれくらいの年齢層が多いのでしょうか?

 

ひと昔前は、女性は30代になって、男性は40代が見えはじめた30代後半になっても相手がいないと、「そろそろヤバいかな」と思い婚活を始めていました。

 

しかし最近は、テレビなどで晩婚だの高齢出産だのというのを頻繁にやるようになったせいか、女性は20代後半から、男性は30代になるあたりで、婚活というものを意識し始めるようです。

 

 

ということで、女性は20代後半~30代全般、男性は30代全般が多いのが、いまの婚活市場ということになるでしょう。

 

 

ざっと見る限り婚活しているメイン層は男女共に30代のようですから、それなりに希望が合ってどんどんマッチングしていきそうな感じもするのですが・・・

 

現実はそううまくはいかず、かなりシビア。

 

同じ30代でも、男と女ではその価値が全く変わってきてしますのです。

 

 

では男女別に、そのシビアな現実を見ていきましょう。

男性の30代は黄金世代。女性を選ぶこともでき、そして自分も選ばれる。

30~35歳までの男性

婚活する女性が男性に求める希望の年齢で一番多いのが、「30代の方」というものです。

 

40代の女性ですら年下の30代男性を希望する。

 

ですから、男性の30代、特に35歳くらいまでは、婚活においてもっともモテる時期にあたります。

 

女性の希望にちょっとくらいわがままをつけても、きっとそういう人はみつかり、相手もあなたを選んでくれる確率が非常に高い。

 

とっても楽しい婚活ができるでしょう。

 

 

35歳くらいまでの男性は、きっと20代後半から30歳くらいまでの女性が希望だと思います。

 

というか、婚活する全ての男性は、子供を欲しいという意味もあり同じように20代後半~30代前半の女性を希望するのですが、最終的にその年代の女性から選ばれるのは、35歳くらいまでの男性なんですね。

 

ですから、35歳までの男性のマッチング率というのは、非常に高いです。

 

36~39歳の男性

36~39歳になってくると若干年齢が高めかなという印象にはなってきます。

 

しかし、年齢を重ねた男だから得ることができる武器、経験と年収を装備し始めていれば、安心です。

 

女性は、男性の年収が高ければ高いほど目が輝くし、スマートにエスコートしてくれる男性のことが大好き。

 

 

歳の差の感覚というのは年齢が上がるごとに大きくなるものですが、まだ20代後半くらいであれば、10歳差程度はさほど気にならないもの。

 

10歳の年齢差があることより、大人の男性であるという面の方が際立って見えるので、30代後半の男性でも、20代後半女性とのマッチングは、多いにありえます。

 

 

男性の30代は、仕事が面白くなる半面忙しくもなってきて、ついつい婚活は後回しになってしまうかもしれませんが、婚活におけるゴールデンエイジを何もせずにやり過ごすのはもったいない!

 

早速婚活市場に参戦し、モテを味わってみましょう。

女性30代は、準黄金期から地獄へ一気に急降下のジェットコースター世代。

では、30代の女性はどうでしょうか。

 

最初から結論を言いますと、30代の女性には、年齢が上がるとともに婚活市場の厳しい現実が待っています。

 

 

30代の男性は前半・後半の2段階でしたが、30代の女子は、30~33歳、34~36歳、37~39歳の3段階に分けられます。

 

30~33歳までの女性

まず、30~33歳の女性は、どちらかというと楽しい現実を見られることが多いでしょう。

 

男性は、希望する女性の上限を32~33歳に定めることが多いです。

 

それはなぜかというと、高齢出産と言われる35歳までになんとか第1子を産んでほしいという考えから、出会いの年齢を逆算してのリミットなのです。

 

 

なので、33歳までの女性というのは、20代後半の女性に続いて、全世代の男性が求める年齢層となります。

 

20代に次ぐ準黄金期として、自分も相手を選ぶことができる婚活ができ、婚活は楽しいと思える世代。

 

ぜひ、この準黄金期世代でいるうちに相手を見つけ、その先の急降下を経験することなく婚活を卒業することをおすすめします。

 

34~36歳までの女性

34~36歳に入ってくると、婚活市場での立ち位置はぐっと厳しくなってきます。

 

男性が女性の希望年齢を33歳までで区切ってしまうため、男性からのアプローチがパタリとなくなるのです。

 

それまでは、待っているだけでも男性側からどんどんアプローチがありましたが、この年齢に入ったら、とにかく自分から男性へアプローチをしていかないと、何も進まなくなってきます。

 

どうしても結婚したいのなら、今までの婚活の概念とプライドを全て捨て、1秒を惜しんでがむしゃらに男性にアプローチしていきましょう。

 

37歳以上の女性

そして37歳以上の30代後半の女性は、当然それ以上に厳しい現実待っています。

 

男性からのアプローチが全くないばかりか、自分からのアプローチにも応えてもらえなくなってきますので、あなた自身の男性に求める希望というのを、この際一掃しましょう。

 

 

自分が30代後半なので、30代後半以下の男性がいいなどという希望を掲げていませんか?

 

先にも書いた通り、30代の男性は、20代後半~せいぜい30代前半の女性を希望しており、実際にその年齢層の女性とどんどん相思相愛になっていきます。

 

30代後半の女性など、お呼びでないのです。

 

 

厳しい現実をまず直視し、どうしても結婚したいのであれば、30代後半でも若いと思ってもらえるほどの年齢層まで、相手の希望年齢を広げましょう。

 

 

婚活市場における女性の年齢は、その1歳1歳がお金で買えない貴重な価値、そして特にそれが顕著に表れるのが、30代なのです。

まとめ

人生においては「30代になったばかりだから」「まだ30代だから」というように、30代はまだ若くこれからという意味で位置づけられることが多いですが、婚活においては「もう30代」という一言に尽きます。

 

30代は、男女共に仕事も楽しくなってくる時期で、婚活は「まだいいか」という気持ちが先に立ちがちです。

 

 

将来的に出産を考える女性にとっては、その前にまずキャリアを築いておかなければ、という想いに駆られる人も多く、気にはなっても「婚活は仕事が落ち着いたら」と後回しにしがちです。

 

でも、仕事が落ち着いた頃というのは、婚活市場における自分への需要もすっかり落ち着いて、もはや需要が無くなってしまった頃であることが多いのです。

 

婚活を実際に始めてから、「あと3年早く始めていれば」「あとせめて1年早く気づいていれば」と大きな後悔をする人は、本当にたくさんいます。

 

でも時間はもう戻せないので、大きな妥協のもとに結婚を決めたり、売れ残りとして延々と婚活市場に居残ることになってしまいます。

 

婚活市場の現実をしっかりと認識し、貴重な30代を無駄にしないよう、しっかりと将来への礎を築いてくださいね。