4回目の婚活デートは、白黒ハッキリさせるとき!告白成功のコツとは?

4回目の婚活デートは、白黒ハッキリさせるとき!告白成功のコツとは?

4回目の婚活デートは、白黒ハッキリさせるとき!告白成功のコツとは?

壁ドンで告白

婚活で出会った相手とのデートも4回目となれば、2人もだいぶ打ち解けているはずですよね。

 

ということで、ここはひとつ、自分の気持ちをぶつけてみましょう。

 

4回目のデートのお誘いをして、相手がそれを受けてくれたということは、結果にも期待がもてそうな気がするというもの。

 

4回目の婚活デートでは、しっかりと自分の気持ちを伝え、結婚に向けて関係を1歩前進させましょう。


4回目の婚活デートに誘ったからには、告白を!

相手を4回目のデートに誘うという時点で、3回会っていいと思ったから誘っているわけで、あなた自身が相手に大きな好意があるということは間違いないですよね。

 

それでも気持ちがまだ固まるところまではいかず、告白するかどうかは決められない、という人もいるかもしれません。

 

が、4回目のデートでは、ぜったいに告白することをおすすめします!

 

 

相手としても、4回目になるお誘いを受けているわけですから、その時点であなたに好意がありますよということは示しているわけです。

 

そのうえで相手も、告白されるのを待っているのです。

 

 

4回目のデートも、これまでのように「楽しかったね、それじゃあまた」というふうに終わらせてしまうと、相手としても肩透かしで「どういうつもりで自分と会っているのかな?ただのキープなのかな?」という疑念が頭をもたげることにもなりかねません。

 

この際、4回目のデートで白黒ハッキリさせてしまいましょう。

告白前提の4回目デート、どんなシチュエーションがいい?

手をつなぐ

白黒ハッキリといっても、プロポーズをするわけではなく、あくまでお付き合いを提案するということ。

 

あまり凝ったシチュエーションや、ムードを求める必要はないと思います。

 

 

かといって、周りに人が多い場所やうるさい環境では、気持ちや言葉がうまく伝わらないこともありますので、デートの計画をたてる際に、このタイミングで告白しよう、というのは決めておいた方がいいでしょう。

 

 

3回目までのデートで、すでに手を繋いでいますか?

 

すでに繋いでいる場合も、まだの場合も、告白を控えた4回目のデートでは、手をつなぐのがおすすめです。

 

 

手をつなぎにいくことで、自分の気持ちはだいぶ相手に伝わりますし、告白を控えてますよーという雰囲気も相手に伝わり、お相手としても心の準備ができそうです。

 

 

デートの内容自体は、テーマパークに出かけても、ドライブでも、2人が楽しめるような内容でいいと思いますので、その中で、さりげなく相手の手をとってみましょう。

 

そして最後の食事にちょっと雰囲気あるお店を選び、食事が終わって落ち着いたタイミングで告白する、というのが、自然でおススメな流れです。

 

 

カップルシートがあるお店や、ちょっと薄暗い造りになっているお店、個室があるお店などを事前にリサーチし、予約をしておきましょう。


いざ告白・・・!どんな言葉で伝えたらいい?

I love you

食事が終わったら告白が控えている・・・と思うと、食事中もドキドキしてしまいますよね。

 

でも、それは相手側も同じかも。

 

 

ちょっとムードがあったり個室のお店を予約してくれていて、しかもデートも4回目となり手も繋がれたとなれば、いつ来るのかな?と、平穏な顔ながらドキドキしていることでしょう。

 

 

告白は、特にかっこつけた言葉を選ぶ必要はありません。

 

相手に対する印象をストレートに伝えた上で、付き合ってほしいと言えばいいのです。

 

 

「一緒にいるととても楽しいので、もっと一緒いられるように、付き合ってください」というように。

 

 

もしも、今まで3回のデートの中でお互いの結婚観についても話し合う機会があり、お互いが将来を考えられる相手だと感じているようであれば、「結婚を前提に付き合ってください」と言ってしまってもいいかもしれません。

 

 

その際に気をつけてほしいのは、「自分達ももういい年だから」とか、「お互い親を安心させた方がいいし」というような、後ろ向きな言葉は使わないようにすること。

 

 

言われた方としても、「それって自分とじゃなくてもよくない?」という気持ちになってしまいます。

 

あくまで、相手のどこに魅力を感じたのか、ということを、伝えてあげてくださいね。


まとめ

婚活で出会ってからデートも4回目になれば、お互い相手への気持ちは固まっていますよね。

 

いい返事がもらえなかったどうしよう、という不安もあるかもしれませんが、万が一お断りの返事だったとしても、脈がない相手といつまでもデートを重ねて時間を無駄にしなくてよかった、と考えれば結果オーライです。

 

 

4回目のデートでは、お互いが既に打ち解けていて、気安く接することができるようになっている半面、ともすればなぁなぁな感じになりがち。

 

あくまで、まだ付き合う前だということを忘れずに、自分の身だしなみや、デート中の相手への気遣いにも心を配りましょう。

 

 

4回目のデートで告白がうまくいけば、結婚へまた大きな1歩を踏み出すことになりますね。

 

気合を入れて、深呼吸して、4回目の婚活デートに臨んでくださいね。