50代の婚活は、成就しにくい?50代の婚活現場の現状とは。

50代の婚活は、成就しにくい?50代の婚活現場の現状とは。

50代の婚活は、成就しにくい?50代の婚活現場の現状とは。

結婚はもういいや、と思い婚活を離れた時期を経て、やっぱり一人は寂しいなと思い始めるのが、50代。

 

せっかくの人生、一度くらい結婚してみたい、もしくは新たな人と第2の人生を始めたいと思って再び婚活を始めるも、なかなかうまくいかないのが、50代の婚活なのです。

 

50代の婚活現場は実際どうなっているのか、見ていきましょう。

婚活する50代、その壁となるものは?

どの年代においても婚活は難しいものですが、50代の婚活が特に難しいと言われる理由とは、何なのでしょうか。

 

50代ともなると、初婚だけでなく、再婚を希望して婚活する人も多いと思いますが、そのどちらも、現実は厳しいもの。

 

 

まず初婚の方の場合、恋愛に奥手で積極的に出会いを求めてこなかった結果その年齢になってしまっているパターンと、相手に高い条件を求めすぎたが故にその年齢まで独身でいるパターンがあると思います。

 

前者の場合、年長者に求められる「経験」や「余裕」といったものを持ち合わせていないわけですから、この先の婚活も難航が予測されます。

 

後者の場合も、今まで下げてこられなかった条件を今さら下げたところで、今度はあなたのその年齢が、相手の条件に見合わなくなってきており、マッチングはますます難しくなってくるでしょう。

 

 

シニアの婚活には、親の介護問題がつきものですが、加えて再婚の場合、自分や相手の子供のことも大きな問題となります。

 

子供の賛同を得られるかということや、親権や養育費などお金についても大きな問題になり、当人同士の恋愛感情だけでは乗り越えられないハードルも出てくるでしょう。

 

 

このように、50代の婚活は最初から大きな壁があるものですが、それに加えて、男女の求めるものが大きく違うことも、婚活成就を阻む大きな理由となってしまっています。

 

50代男女の婚活意識の違いについて、次にご紹介しましょう。

婚活する50代男性、年収という武器はもはや通用しない。

婚活を始める男性に多い理由に、「子供がほしいから」というものがあります。

 

しかし50代男性においても、特に初婚の人や、再婚でも自分が親権を持たない人は、結婚したい理由の上位に、この理由がくるのです。

 

 

50代にはなったが自分にはかなりの年収があり、将来的に子供を不自由させない自信がある、と、30代の女性をねらって婚活をするわけです。

 

普通に考えて、これは成就しないですよね。

 

50代で年収1500万の人より、30代で年収500万の人のほうが、女性にしてみればずっと魅力的です。

 

ましてや離婚した元妻に養育費を払い続けている50代と再婚して、この先子供をつくろうなんていう女性には、めったにお目にかかれないでしょう。

 

 

また、子供という夢のようなことを言い出さないまでも、男性はいくつになっても年下の女性を求めがちです。

 

求めるお相手の年齢は、自分が50代なのに、相手はせめて40代前半まで、というようにかなり無理な制限をかけていることが多く、それもまたアンマッチの大きな理由となります。

 

 

50代で、やっぱり一度は結婚を!もう一度結婚を!と奮起する人は、割と年収が高い方が多く、年収が高いんだからなんとかなるだろうと思いがち。

 

ですが、婚活とはそれが何ともならない、超現実的な世界ということなのです。

婚活する50代女性は、同年代を求めるも・・・

男性が若い女性を求める一方で、50代の女性は、できれば自分と同じ年代か少し上までの人を希望します。

 

50代ともなれば子供を産むという選択肢はなくなり、この先を穏やかに一緒に生きていくためのパートナーを求めているのです。

 

しかし前述のとおり、50代の男性は50代女性を求めることはないので、男女で完全に意向がズレている現状が、50代の婚活をますます難しくしているわけです。

 

 

また、女性で50代初婚の場合、バリバリのキャリアか、若い頃かなりモテたがゆえにタイミングを逃して行き遅れた、という人が多いです。

 

50代で肩書がついたバリキャリの女性なんて、尚のこと50代の男性は敬遠してしまうでしょう。

 

 

また恋愛経験豊富すぎてこの歳になってしまったという女性には、50代まで大した恋愛経験がない初婚男性なんて、あまりにつまらなく思えてしまいそうだし、じゃあ年上にいくかといったら、もう60代ではちょっと・・・

 

それなら子持ちのバツイチに手を出してまで結婚したいかというと、それはそれで考えてしまう。

 

そしてつまるところ、いい相手がいないということになってしまうのです。

50歳で結婚未経験の人は、生涯結婚しないものとみなされる現状。

生涯未婚率という統計があります。

 

これは、50歳時点で一度も結婚の経験がない人の割合を示す数字で、男性においては23.4%にものぼります。

 

この「生涯未婚率」という言葉が如実に示すように、50歳になって1度も結婚したことがない人は、生涯未婚であろうとみなされる。

 

それが今の日本の国の見方であり、大多数の人の見方だということです。

 

 

50歳ともなれば結婚などとっくに諦めたものとみなされ、50代が必死になって婚活しているなんて、誰も思わないんですね。

 

このように、世の中の理解まで得られにくい50代の婚活は、ますます厳しさを増していくのです。

 

では、結婚したい50代は一体どうしたらいいのでしょうか?

50代の婚活方法は、結婚相談所頼み。

婚活の方法としてよく利用される婚活パーティーですが、この婚活パーティーでも、50代にターゲットを絞ったものが定期的に開催されています。

 

そういったものを探してみて、参加してみるのもひとつの手だとは思います。

 

 

しかしなにぶん、婚活パーティーという婚活方法は、精神的にハードです。

 

ただ座って異性と話をするだけのことなのですが、3分、また次の人と3分と話をするのは、若い人でも話題に困ってしんどいこと。

 

 

その後、フリータイムともなれば自分の意中の人のところに再度会話をしにいく機会で、主に男性主体で進められる時間なのですが、50代ともなると、特に男性は変な意地やプライドが邪魔をしてか、席を立つ人はほとんどいないそうです。

 

それに加えて、前述のとおり男女で相手に求める条件はすれ違うこともあり、マッチング率はとても低いと聞きます。

 

 

そんな50代の頼みの綱となるのが、結婚相談所です。

 

最近は、シニア専門で、入会資格が45歳や50歳以上というような結婚相談所もできてきています。

 

 

結婚相談所では、会員には専任のアドバイザーがつくことが多いので、他の婚活方法のように自分の考えだけで婚活を進めるのではなく、常にアドバイザーが第3者の目線でアドバイスをしてきます。

 

 

先にもご説明したとおり、50代が自分だけで婚活を進めると、どうしても男女の求めるものが入れ違いになりがちで、なかなかマッチングしないもの。

 

しかしアドバイザーが間に入ることで、条件の緩和を提案したり、条件から外れた相手でも、相手の良さを説明してお見合いにつなげたりと、より現実的な婚活に導いてくれます。

 

 

50代になると、若い人のように日常生活でも出会いがあるというわけにはいかなくなってきますから、こういった専門の会社に頼るのは、効率的な婚活にもなるでしょう。

まとめ

50代になると、婚活する人の絶対数も減ってきますので、それだけでも相手を探すのはぐっと難しくなります。

 

そのうえ、男女の条件のすれ違いや、再婚の場合はそれぞれの元家庭との折り合いも考慮せねばならず、この先を一緒に歩む一人を探し出すのは、容易ではありません。

 

容易ではないわけですが、これが60代ともなるともっともっとさらに状況は厳しく、本当に可能性は低くなってしまうのも、また事実。

 

この先の人生を誰かと一緒に歩みたいという気持ちが強いのであれば、一刻も早く結婚相談所に登録することをおすすめします。

 

 

若いうちは、顔がどうとか、学歴がどうとか、相手を選ぶ際にそういうことにこだわりがちになっていたと思いますが、50代になると、もはやそういうものはどうでもよくなってくると思います。

 

この先を、誰かと一緒に平穏に暮らしたい。

 

そういうシンプルな願いを根底に、婚活に臨まれる方が多いのではないでしょうか。

 

最終的にいろいろなことそぎ落として考えれば、相手に求めることなどそう多くはないはずなのが、50代なのです。

 

 

50代の婚活は厳しい世界ではありますが、結婚相談所では多くの成婚例も報告されているのです。

 

この年齢になって、なぜ今結婚したいのかということをもう一度自分自身に問いかけ、多くを望まない婚活を地道にしていけば、きっと道は開けることでしょう。