婚活歴3年の私が3年前に戻って婚活初心者の自分にアドバイスするなら?

婚活歴3年の私が3年前に戻って婚活初心者の自分にアドバイスするなら?

婚活歴3年の私が3年前に戻って婚活初心者の自分にアドバイスするなら?

最初にお断りしておきますが、この記事は、これから婚活を始める、または婚活を始めたばかり、という方向けへの記事です。

 

30代を機に婚活を始め、婚活歴3年、さまざまな婚活手段の、酸いも甘いもを見てきた婚活プロの筆者(女)が、その経験を集結して、3年前の婚活初心者の自分にアドバイスを送ります。

 

これから婚活を始めるみなさん、おなじテツを踏まないためにも、どうぞご参考に・・・

婚活にアドバイスなど必要ない?その我流がそもそもの間違いだ!

婚活すると決めた時、筆者は何も考えず何も参考にせずに、とりあえず気軽に行けそうな街コンに申し込みをしました。

 

 

ハイ、もうこれ既に、最初の最初から間違いです。

 

 

婚活と一言に言っても、本当にいろんな方法、いろんなサービス、いろんな出会い方があります。

 

とりあえず何もわからなかった筆者は雑誌で見かけた街コンに申し込んだわけですが、初心者が最初にするべきことは、街コンに申し込むことではありません。

 

まず、経験者の話聞くこと、そして可能であれば、経験者のアドバイスを請うこと。

 

 

経験者の話なんてネットをみれば山ほど出てきますが、このご時世、30を過ぎても40を過ぎても独身の人って、案外身の回りにもけっこういます。

 

そういう人達は、一見結婚には興味がないから独身であるかのように見せてる人もいますが、実はひそかに熱心な婚活をしている婚活プロだったり、婚活プロを経てあきらめた末に独身に甘んじている人も少なくありません。

 

 

そういう婚活プロたちの婚活の話、特に失敗談ですね。

 

これを聞くというのが、初心者にまずやってほしいことです。

 

 

婚活を決意する人というのは、その時点で、そこそこの年齢の方が多いと推察します。

 

普通に生きてきたけど出会いがない、このままこの生活を続けては一生結婚できないのではないか、という不安から婚活の道に入るので、年齢的も早く決着をつけたいはずです。

 

 

時間がないからこそ、まずは経験者の失敗談を聞いて、その失敗をうまくすり抜ける、効率的な婚活を目指すのです。

 

 

話は聞きたいがそんな婚活プロは周りにいない、という方のために、筆者がたどった婚活の歴史と、初心者だった3年前の自分にアドバイスしたいことを、ここにまとめていきます。

自分がしたいのは恋愛なのか?結婚なのか?

結婚できないのは彼氏がいないからで、彼氏がいないのは出会いがないからだ、という思考回路の元に、街コンに参加した筆者。

 

確かに街コンにはたくさんの出会いがあり、3回目に参加した街コンで出会った34歳の大手企業のサラリーマンとお付き合いを始めました。

 

年齢的にも丁度いいし、なんといっても相手は安定の大手企業勤務。

 

 

忙しいと常に言っている人で、会うのも相手の家やその周辺でしたが、彼と恋愛をしていることが楽しく、彼に尽くす日々を1年ほど過ごしたある日。

 

彼に転勤の辞令が出ました。

 

 

「一緒に来てくれるよね」という言葉を当然期待した筆者ですが、そんな気配は全くないので、自分から「私、仕事を辞めてついていくよ」と言ったのです。

 

返ってきた言葉は、「なんのために?」

 

 

そこではじめてお互いの腹の内を話し合ったのですが、ある期間つきあったら当然結婚という流れになると思っていた筆者とは反対に、彼は子供もほしいと思っておらず、したがって結婚するメリットが全く分からない、ということでした。

 

 

彼は旅立ち、筆者に残ったのは、1つ年をとったという現実のみ。

 

ここで筆者は改めて、自分がほしいのは恋愛ではなく結婚だということに気づきました。

 

もう街コンで彼氏を探している場合ではないと思い、次の一手を繰り出したのです。

本気度を上げて、婚活パーティーへ!

彼氏を探すのではなく、結婚相手を探すのだ!

 

その意気込みで、本気度を上げて婚活パーティーに参戦することにしました。

 

 

いざ婚活パーティーに参戦してみると、中の上のビジュアルを自認する筆者はかなり人気が高く、フリータイムにはたくさんの男性が群がり、毎回たくさんの連絡先カードももらいました。

 

その中には「ちょっといいかな」と思う人もいたのですが、毎回これだけの男性と出会っていればそのうちドンピシャな人が現れるだろう、と、特に連絡することもありませんでした。

 

 

婚活パーティーの参加費用は、女性は安く設定されていることが多く、それをいいことに、週1回ペースで参戦を続けていると・・・

 

 

ある時、男性参加者の中に見知った顔を見つけました。

 

知り合いということではなく、以前他の婚活パーティーで会ったことがある人と、再会したのです。

 

 

その時は、そんなこともあるだろうくらいに思っていたのですが、参加回数を重ねるごとに、見知った顔は増えていったのです。

 

パーティーの条件を変えて曜日を変えて参加したりもしてみたのですが、やはり見知った顔はどこにでもいて、1/3程が再会メンバーということもありました。

 

 

私と同じように彼らもコンスタントに婚活パーティーに参戦しているわけで、参加回数が増えるごとに再会する人も増えるのは、考えてみれば当然といえば当然ですよね。

 

彼らのアプローチを私は前回会った時の婚活パーティーでことごとく蹴ってきたので、もう私に何かしても無駄とばかりに、私は再会メンバーからは見向きもされないわけです。

 

 

そこではじめて気がついたのが、婚活パーティーに参加すればするだけ出会いの分母が増えていくと思っていたのは、間違いだったということ。

 

実際には、出会いの分母はほんの少しずつしか増えていかず、再会確率がどんどん増えていくということなのです。

 

 

それがハッキリわかってからは、婚活パーティーに行くのがしんどくなって、やめました。

 

当時の私にアドバイスしたいのは、婚活パーティー参戦当初の出会いや、「ちょっといいかな」思った相手からの連絡先を、もっと大事にはぐくめ!ということ。

 

今となっては本当にもったいないことをしたな、と思います。

 

 

あの時連絡をとってみていたら、何か違う結末が待っていたのではないか、とも・・・

 

婚活パーティーは、参戦当初のその出会いこそが量も質もMAXで、その先には売れ残りとの再会の日々しか待ち受けていないということを、みなさまと当時の自分に大声で伝えたい筆者でありました。

最後の一手、結婚相談所に駆け込む!

街コンと婚活パーティーで2年という時間を費やしてしまった筆者。

 

ついに最後の砦、結婚相談所の扉をたたき、説明もそこそこに入会を決めました。

 

 

結婚相談所で活動を始めてすぐに痛感したのは、年齢の問題。

 

筆者はその時33歳にで、お相手には30代半ばの男性を希望していましたが、30代半ばの男性が希望するのは30歳までの女性だということで、希望を40代にまで広げるよう、アドバイサーに言われました。

 

 

今まで、街コンやお見合いパーティーいった婚活では、いきなり対面から始まるので、実年齢より見た目年齢の方が重視されがちでした。

 

しかし結婚相談所では、相手の条件をシステムに入力してマッチングする相手を抽出するので、たとえば25歳に見える超美人の33歳女性がいたとしても、30歳までの女性を希望する男性のマッチング相手としては、決して候補に上がってこないのです。

 

 

現実を直視した瞬間でした。

 

 

結婚相談所では、月に何人と決められた人数の異性に自分からアプローチでき、それに相手が応えてくれると2人だけのチャット画面のようなものが作成され、それで連絡をとりあって会う、という流れ。

 

しかし、本当に年齢の壁というのは髙かったです。

 

というのも、35歳以上を高齢出産と呼ぶことが広く世に知られた今、30歳くらいまでの女性と出会い、交際期間を経て32~33歳までには結婚、34歳までにはなんとか妊娠してもらい、高齢出産になる前になんとか第1子をもうけたい、と願う男性が非常に多いのだそうです。

 

 

筆者は30代半ばの男性を中心にアプローチしていましたが、なかなかいいお返事が返ってこず。

 

 

そして自分に来るアプローチは、40代前半の人がメイン。

 

その中でも良さそうな人と何人か会ったりもしましたが、やはり10歳の年の差があり、しかも40代まで未婚で結婚相談所を頼る男性ですから、女性とのやりとりにも慣れておらず、一言で言うと全くおもしろくない人ばかり。

 

 

結婚相談所は1年区切りの契約になっているので、その間はなんとなく活動していましたは、1年経ったところで成果を得られないまま退会しました・・・

結局、3年前の私はどうしたらよかったのか?

ここまでを振り返ると、ただの「異性との出会い」と「結婚したいと願っている異性との出会い」というのが全く別物だと知ったのが、街コン。

 

新分野で婚活を始める時のスタートダッシュの大切さを知ったのが、婚活パーティー。

 

そして、最初からわかっていたはずなのに、年齢の壁のあまりの高さを再認識したのが、結婚相談所でした。

 

 

これを総括して、3年前の私にアドバイスを送るなら?

 

 

ズバリ、一刻も早く結婚相談所に登録しなさい!です。

 

 

結婚相談所は最後の一手ではなく、最初に打つべき一手だったということが、今ならわかります。

 

30歳の時に結婚相談所に登録していたなら、もっと自分の希望に合う人とのパイプが開いたはずなのです。

 

 

全異性を閲覧すると、自分の希望に見合う条件の異性がたくさん登録していることがわかるのに、自分の年齢のために、それらの人たちからはアプローチを断られ、自己紹介すらかなわず終わってしまうのです。

 

人生で一番強く、タイムマシンの開発を願った瞬間かもしれません。

 

それくらい悔しかったので、3年前の自分には、ぜひとも結婚相談所への登録をお勧め致します。

まとめ

婚活を始める年齢や、婚活に対する考え方は人それぞれだと思うので、すべての婚活初心者に一様に結婚相談所がいいというつもりはありません。

 

でも、結婚したいと気持ちを元に婚活を始めるわけですから、比較的早い時期に、相手が結婚についてどのように考えているのかを知っておくのは大事です。

 

 

街コンで出会った大手企業サラリーマンにも、初期の時点で「いずれは結婚したいね」という一言を言っておけば、早い時点で考え方の相違が見えていたかもしれないのに・・・

 

「結婚」という話題は、結婚を考えていない相手にはただ重いだけですが、本当に相手も結婚したいと考えていれば、とても歓迎される話題のはず。

 

 

結婚相談所であれば、諸経費や審査を経て入会している人たちばかりなので、「結婚への意欲」という点では安心ですが、街コンやお見合いパーティーで出会った相手には、実践をおすすめします。

 

 

そしてもう1点、婚活は、早く始めれば始めるほど、自分を高く売ることができます。

 

婚活市場における年齢というのは、お金や努力では手に入れることができない、大きなステータスなのです。

 

 

結婚したいな、婚活しようかな、そう思ったが吉日。

 

他人の失敗談を踏まえた早めのスタートで、ぜひいい結果を出してくださいね。

関連記事はこちら

婚活デートのコツ
ネット婚活のコツ
初めての婚活!まず何をすればいい?何から手をつければいい?
婚活で成功するためのコツは?スピード感をもって婚活を成功に導く!
婚活で着用する服装 選び方のポイント3選!
婚活で好感をもたれる服装~女性編~
婚活で好感をもたれる服装~男性編~
婚活で出会ってからつきあうまで。その期間や流れを徹底解説!
婚活で出会う初対面の異性とは、どんな会話をしたらいい?
婚活パーティーの自己紹介が苦手!短い時間で何をどう話せばいいの?
婚活メールに悩む方必見! ファーストメールの書き方やメールも会話も続きやすくなるコツ!
婚活での脈ありサインとは?婚活男子よ、脈ありサインをキャッチせよ!
手遅れになる前に!あなたの無謀な婚活を見直す、5つのポイント!
婚活でモテる人になるには?婚活で人気がある人のモテテクを徹底調査!
婚活でハイスペック男子と出会うには?ハイスペック男子の嫁になるには?
婚活で二股はあたりまえ!?婚活の「同時進行」と「二股」は、何が違う?
婚活でいくつもの方法を並行して行うのは、成功への近道?
婚活で異性をうまく同時進行する方法。同時進行で早期の婚活成就を♪
婚活で最終的に相手を選べないあなたに。相手を選ぶポイントを伝授。
婚活中なかなか好きになれる人と出会えない!好きじゃない人と結婚して良い?
婚活中にブスに当たってしまったときの失礼にならないやり過ごし方とは?
婚活してたら出会う、変な人たち!一体何者?どうやって対処する?
婚活中に合わないなと思った相手の断り方、お教えします!
婚活での話題はどんなものが盛りあがる?うける話題で異性の興味を惹こう!
婚活で出会う「気持ち悪い男」!あなたは「気持ち悪い男」になってない?
婚活に潜む暗い罠、既婚者に騙されるな!見抜く方法を紹介!
婚活詐欺にご注意!「自分は大丈夫」と言う人ほど大丈夫じゃないかも!?