婚活と年齢の関係とは?婚活における年齢の重要性を認識しよう!

婚活と年齢の関係とは?婚活における年齢の重要性を認識しよう!

婚活と年齢の関係とは?婚活における年齢の重要性を認識しよう!

婚活を始めるキッカケとして、「歳も歳だし、そろそろ結婚したい」という理由の方、多いのではないかと思います。

 

そう、婚活を始める人というのは、既にある程度の年齢になっている人が多いのです。

 

婚活市場において、自分の年齢をどのようにとらえるべきかを自覚するのは、重要なことです。

 

耳の痛い話もあるかもしれませんが、ここでは婚活における年齢の重要性について、考えていきましょう。

婚活と年齢。それは切っても切れない相関関係。

最近は、年の差婚というのも取りざたされていますが、やっぱりそれはごく一部の話。

 

多くの人は、自分と年齢の近い相手を結婚相手に選ぶ傾向があります。

 

この先を長い人生を一緒に生きていくのですから、年が近いパートナーを選ぶのは自然な話。

 

 

と、ここで、自分がパートナーに求めている年齢層を、ちょっと振り返ってみてください。

 

自分はもう40代なのに、「20代~30代前半までの相手希望」などと言っていませんか?

 

あくまで希望なので言うのは勝手なのですが、自分の年齢は棚に上げて、自分とは隔たりのある年齢層のお相手を探そうとしている人は、相当にイバラの道が待っていると思った方がよさそうです。

 

 

自分の年齢を自分で意識する、まずはそれが、婚活成功への第一歩になるのです。

男と女の悲しい食い違い。年齢は、婚活において一番の足かせになる。

結婚相手に求める希望の年齢として、男性は基本年下を希望し、年齢と共に、自分自身と相手に求める年齢差が開く傾向にあります。

 

つまり、30歳男性は年下の25~30歳の女性を希望。

 

40歳の男性も、年下の25~30歳の女性を希望する、というわけです。

 

 

一方女性はというと、年齢と共に、年上の男性は希望しなくなります。

 

20代の女性が35歳までの男性を希望するのに対し、30歳の女性も40歳の女性も、35歳までの男性を希望するのです。

 

 

つまるところ、男性は誰も30代以上の女性を希望しないし、女性は誰も30代後半以降の男性を希望しないことになる。

 

 

これはかなり極端にしぼった例ではありますが、正直な話、男女共に歳をとればとるほど婚活市場では確実に需要が減り、成婚率が低いです。

 

男性では40代前半まで、女性では30代半ばまでが、異性から需要のあるリミットといえるでしょう。

 

 

もしも婚活を迷っている人がいたら、一刻も早く開始することをおすすめします。

 

その1分1秒ごとに、婚活市場におけるあなたの価値は刻刻と下がっているのですから。

男性はなぜ、若い女性を希望するのか。

女性は30代半ばまでが異性から需要のあるリミットと書きましたが、その根拠はどこにあるのか?

 

 

ズバリ、出産が理由ですね。

 

35歳以上は高齢出産という扱いになり、女性が高齢になると不妊率が高くなるという認識が広く知られた現代、35歳までになんとか第1子を産んでほしいと願う男性が多いからです。

 

 

女性が35歳で産むには、34歳までに妊娠、そのためには33歳までの女性と結婚したい。

 

という逆算の法則で、子供を持ちたいと願う男性は、自分がいくつであっても32歳くらいまでの女性を希望するそうです。

 

 

若い女性が好きというより、より強い生殖能力を備えた若い女性を選びたいという、一種の男性の本能でもあります。

 

男性側が30代であれば、その希望は妥当でしょう。

 

 

しかし、40代以上であれば、32歳までの女性というのはかなり高望みな話。

 

テレビなどでも時々紹介されているように、30代後半での出産はもはや普通といっても過言ではない状況で、40歳を過ぎての出産も、珍しくはない時代になってきました。

 

 

あなたがもし40代の男性で子供を望むのであれば、32歳までの女性に絞って婚活をするより、30代後半までの女性に視野を広げて婚活をした方が、結果的に早く子供を抱くことができるでしょう。

 

 

自分と年齢差がある女性にばかり狙いをつけて活動しても、なかなか振り向いてはもらえないのが現実。

 

そんな婚活を何年もやって、収獲もないまま自分も歳をとるよりは、歳の近い30代後半の女性とさっさと結婚して妊活でもする方が、よっぽど現実的な選択です。

 

 

あたりまえですが、婚活は双方の意思が疎通してこそ成り立つものですから、自分の希望ばかりを通そうとしても、うまくいくはずはありません。

 

自分の希望は希望で残しつつ、自分の需要がある層の人達にまで冷静に視野を広げるのが、最終的には一番の早道といえるでしょう。

女性は女性で、なぜ若い男性を希望するのか。

一方男性においては、40代前半までが需要のあるリミットと書きましたが、その根拠はどこにあるのか?

 

 

ズバリ、こちらも子供が理由です。

 

男性側が、産むという子供の起点に注目しているのに対し、女性側は、産んだ子供を一人前にするという終点に注目しています。

 

 

女性側の逆算として、一般的な定年とされる65歳まで夫が働き続けるとして、65歳までには子供にお金がかかる状況を脱せねばならないわけです。

 

22歳の大学卒業というポイントを夫の65歳に照準をあわせると、65-22=43。

 

 

すなわち男性が43歳になるまでに子供が生まれていないと、子供に一番お金がかかる大学生の時点で夫が定年退職、ということになってしまうのです。

 

将来的に家などの不動産を購入するにしても、年齢があがれば上がるほどローンが組める年数も少なく、審査も厳しい状況になってきます。

 

 

男性は、子供を産むことに関してはリミットがないので、何歳でも子供は持てるから大丈夫だと思いがち。

 

実際に子供を持つことはできるかもしれませんが、女性は、そのはるか20年先のことまで見据えて、婚活をしているため、年齢が高い男性というのは対象に入らないのです。

歳をとったら、婚活はあきらめるべきなのか。

婚活をする人の目的を聞くと、それは「結婚」となりますが、さらにその先を聞くと、「子供をもうけて家族をつくりたい」という人が非常に多いです。

 

ただ異性と交際するだけなら60歳になっても70歳になってもできますが、子供をもうけてとなると、年齢という壁ががぜん立ちはだかります。

 

 

結婚後に子供を希望するか、しないか。

 

この2択で、男女共に婚活において相手に求める要素は大きく変わってきます。

 

子供、ということになった瞬間、相手に厳しい年齢制限をかけるのです。

 

 

大変シビアな話ですが、女性は、子供を産むのが厳しいとされる年齢になると、婚活市場では一気にお声がかからなくなります。

 

また男性も、とびぬけた経済力や資産力があれば話は別ですが、ふつうのサラリーマンで40代半ばをすぎると、お声はかからなくなります。

 

 

こういう年代になると、子供はもういらないけど生涯のパートナーはほしい、という考えになってくる人もいます。

 

それはまたそれで、そういう人同士の需要がありますので、婚活が成功する可能性も高いと思います。

 

 

歳をとったら諦めなければならないのは、婚活自体ではなく、子供をもつことを見据えた婚活です。

 

 

自分の年齢をかえりみず、がむしゃらに若い相手だけを狙って婚活をしても、絶対にうまくはいきません。

 

異性がどのような理由でどのような年齢層の相手を探しているのか、という現実を直視したうえで、婚活市場における自分の年齢の立ち位置を、もう一度見直してみましょう。

まとめ

婚活において、年齢が若い方が有利であるというのは、まぎれもない事実です。

 

年齢は買うことができないだけに、その貴重さはかなりのもの。

 

しかし、多くの人はそれなりの歳をとったからこそ婚活の重要性を感じて足を踏み入れるのですから、世の中、なかなかうまくはいかないわけです。

 

 

結婚相談所のアドバイザー曰く、「結婚して子供がほしいから」というのは、入会する8割以上の方が語る入会理由だそうです。

 

子供を持てるリミットが迫っていることを自分自身もひしひしと感じ始めて、結婚相談所に助けを求めるわけですね。

 

 

しかしなかなか成婚率が上がらないのは、自分はリミットが迫っているのを感じているのに、お相手には少しでもリミットから遠い条件の人を選ぼうとしているから。

 

要は、自分は歳のくせに、若い相手を選ぼうとするから、ということです。

 

 

もしかしたら自分にもチャンスがあるかも、という期待があるのかもしれませんが、ただでさえ選択肢が多い若い人がわざわざ年齢の高い人を選ぶことは、まずないです。

 

そういう分不相応な婚活を進めるのは各自の勝手ですが、本当に結果を求めるのであれば、即刻やめることをおすすめします。

 

 

リミットが近い人は、リミットが近い者同士の方が話は断然早い。

 

相手の焦りがお互いに理解できるので、気が合えば、ゴールまでは一直線でしょう。

 

 

歳をとっているからもうだめだということではなく、自分がそれなりの歳になってしまっているのであれば、それを現実として受け止め、自分を条件に含めてくれる年齢層の異性にアプローチをする婚活をしないことには、何も進みません。

 

 

結婚相談所などでは、アドバイザーから「もうすこし求めるお相手の年齢の幅を広げましょう」と、うるさいほどに言われます。

 

それくらい、自分が最初に掲げる相手への条件というのは、限定されたものになっていることが多いのです。

 

 

今一度、自分の年齢、婚活市場における立ち位置を見返してみましょう。

 

年齢に応じた分相応な婚活を進めていけば、きっと結果がついてくるはずです。