婚活における、年収600万円神話。女性はなぜ、年収600万を望むのか?

婚活における、年収600万円神話。女性はなぜ、年収600万を望むのか?

婚活における、年収600万円神話。女性はなぜ、年収600万を望むのか?

世の婚活中女性に結婚相手に求める年収を聞くと、「600万円はほしい」という人が非常に多いことに驚きます。

 

それが流行りかのように皆600万という額を口にするのですが、その根拠って何なのでしょうか?

 

また、男性の年収600万円というのは、どれだけ現実味がある希望なのでしょうか?

婚活女性が年収600万円男性を望むのはなぜ?

ひと昔前は、結婚するなら年収1000万以上の男!とかいう女性も多かったのですが、不況だ不景気だという現実を女性も鑑みて、800万・・・そして600万と希望帯が下がってきての、600万円設定ということのようです。

 

その600万の根拠について多くの女性の意見を集約すると、この金額には「専業主婦になってもやっていけそうな最低ライン」という考えが浸透しているのが見えてきます。

 

結婚はともかく、子供を持ったら仕事は辞めたいと思う専業主婦願望の女性は今だに多く、夫一人の収入で家計をやりくりするとなると、それくらいはないと困る、ということですね。

 

 

また、専業主婦の労働対価を金額に数値化し、専業主婦としての労働に対し、実際それだけの対価を見込める夫の年収という側面で考えても、600万円というのは最低ラインとしての基準になるそうです。

 

600万円という数値には、それなりの裏付けもあったんですね。

 

 

それにしても、年収600万円というと、婚活世代の男性にしてはわりと高めな気がしますが、実際どれくらいの婚活女性が、その想いを遂げられるのでしょうか。

婚活市場で、年収600万男はどれくらいいるか?

最初から悲しい結論になってしまいますが、結婚に適する年齢として設定された25~34歳の未婚男性で、年収が600万円以上ある男性は、3.4%という統計があります。

 

また、年代別に男性の平均給与を見てみると、25~29歳で378万円、30~34歳では446万円、35~39歳では502万円、40~44歳で564万円、45~49歳では629万円となっています。

 

 

なんだかちょっとため息が出るデータですよね。

 

婚活している女性がターゲットにしていると思われる年齢層の男性では、3.4%しか希望に叶う人材がいないというのが現実。

 

100人女性がいたら、3~4人しか希望は満たされないということになります・・・すごい倍率です。

 

 

もしくは、45歳以上になると男性の平均収入は600万を超えるということですから、45歳
以上の男性を狙うという手。

 

30代前後がメイン層と思われる婚活女性からみると、一回り以上離れた男性ということになってしまいます。

 

45歳ともなるとバツがついて子供がいていてもおかしくないし、むしろバツがついていない方が何かありそうだし、と、年収はクリアしても、別の面でいろいろ考えないといけない事が多そうでもありますね・・・

 

 

つまり、現実を見据えた結論としては、年収600万円以上で未婚のそこそこ若い男というのは、婚活市場において、大変希少な生物ということになるわけです。

 

ライバルを押しのけて希少な生物とのマッチングを試みるのか、もっと生息数の多い生物にも視野を広げるのか、ここは、婚活女性としては大きな考えどころとなります。

年収600万円男性にも、好みはある。

世の婚活女性が望む「年収600万円男」が、いかに貴重かという事がわかったところで、果敢にも彼らとのマッチングに全力をかけるのは個人の勝手なのですが、その前にもうひとつ、直視してほしい現実があります。

 

 

それは、年収600万円男性側にも好みがあるといこと。

 

 

ライバルを押しのけて何としても最後はワタシが…!と思っているかもしれませんが、選択権は年収600万円男性側にあるということです。

 

先ほどのデータによれば、30倍もあると想定される倍率の候補者から、1人を選びだすのは、年収600万円男性側なんですね。

 

 

そのために女性側ができることって何でしょう?

 

実は、ほとんどないのが現実。

 

服装に気をつけたり、話し方に気をつけたり、婚活マニュアルに書いてあることって、本当のところ、結局は気休めでしかない。

 

やっぱり男性は、若くてカワイイ子が好き、残念ですがコレに尽きます。

 

 

  1. 若い 
  2. カワイイ

 

 

あなたにこのどちらかの要素があれば、30倍突破の可能性はあるでしょう。

 

しかし残念ながら両方持ち合わせていないという方は、もう少し視野を広げた婚活をした方が、あなたのためというもの。

 

ちなみに、婚活市場における若い女性というのは、下限なし~せいぜい32歳くらいまでです。

 

 

あなたは、当てはまっていましたか?

 

どちらにも当てはまっていないのに「男は年収600万はないと」などと言っていると、それは「高望み」に分類されてしまうのです。

まとめ

年収600万円と聞くと、たしかに高くはありますが、そこまで希少人種というほどではないような気もしますよね。

 

そんな思いで婚活女性たちはこの基準を一様に掲げるのかもしれませんが、実際のデータの数字をみると、年収600万円の結婚適齢期の男性がいかに希少で、特権階級の人かということがはっきりわかります。

 

目標を高く掲げることは悪くありませんが、それに固執してしまうと、最後に泣きを見るのはあなたです。

 

 

また、そもそも論ですが、専業主婦になりたいから年収600万円以上の男性がいいというのは女性側の勝手な希望で、その部分についても、男性には男性の希望があるわけです。

 

年収はそれなりにあるけど、女性にも働き続けてほしい、社会と繋がりを持ち続けてほしい、と考える男性は、少なくはありません。

 

年収の数字だけで一喜一憂せず、そういった希望面についても、事前に確認しておきたいですね。

 

 

自分の希望が、現実のデータにどれだけ即しているのかをちゃんと把握し、現実的な婚活をするのも、婚活成功への近道といえるかもしれません。