女性諸君、本気で婚活するならアラサーはあなたのリミットと心得よ!

女性諸君、本気で婚活するならアラサーはあなたのリミットと心得よ!

女性諸君、本気で婚活するならアラサーはあなたのリミットと心得よ!

アラサーって、何もかもが楽しい時期じゃないですか?

 

仕事も安定してきて、お金もそこそこあるから旅行だって友達と遊ぶのだって楽しい。

 

婚活という文字も頭をよぎるけど、まだアラサーだし・・・

 

と、後回しにしている場合ではありません!

 

婚活市場において、アラサー女性はすでにリミット。

 

アラサー女性よ、これを読んで危機感を持ち、一刻も早く婚活に走るべし!

婚活市場における、アラサー女性の心得とは?

今更ですが、アラサーってなんでしょう?

 

Around30、つまり30歳前後の年齢の人のことを指し、具体的に言うとその年齢は27~33歳と言われています。

 

アラサーと一言で言っても、27歳から33歳までの7段階の年齢の人がいるわけですので、年齢によって婚活市場での立ち位置は当然変わってきます。

 

 

ここでアラサー女性に心得ていてほしいのは、婚活市場において男性から最も需要があるのはアラサー世代前半、そしてアラサー世代後半にいくにつれて需要は減り、アラサーを過ぎると、男性からの需要はほとんどなくなります。

 

 

ですから、女性においてアラサーの7年間というのは婚活黄金期。

 

アラサーの時期に婚活を始め、成果を得てアラサーの時期内で婚活を卒業することこそが、女性が自分を一番高く売り抜ける婚活なのです。

 

 

晩婚化が進んできた現在では、30代後半での結婚・出産は珍しくなく、40代でそれをやる人達の話も耳にすると、20代後半から30代前半というのは、まだまだノンビリ構えていられるような気もしてしまいますよね?

 

 

しかし、婚活市場というのは甘くありません。

 

女が婚活において一番値踏みされる要素は、「年齢」。

 

逆に言えば、歳さえ若けりゃ、どんなブスだってどんどん売れるのが、婚活市場なのです。

 

 

アラサー女性の皆さん、あなたたちは今、もはや危機感をもって婚活をすべき時に来ているのです。

アラサー前半女性の、婚活市場における立ち位置。

アラサー前半、つまり27~30歳の女性は、婚活市場において最も需要がある年代です。

 

結婚というものを意識しはじめ、実際に婚活に手を出そうと思い始めるのも、このあたりの年代が多いかと思いますので、婚活市場の女性最若年層とも言えるでしょう。

 

 

男性は、子供がほしくて結婚を考えはじめる人が非常に多く、より元気な子供を産んでくれるであろう若い女性と一緒になりたいと願っています。

 

ですから、婚活する全ての年代の男性が、厚かましくも40代や50代の男性までもが、のどから手が出るほど、この年代の女性とお近づきになりたいと思っているのです。

 

 

アラサー前半女性は、その年齢というだけで、婚活市場では最強です。

 

ちょっとくらい顔に自信がない人でも、婚活市場にでれば引く手あまたなのは間違いなし。

 

 

と、ここで注意なのは、自分はモテるのだと過信しないこと。

 

あなた自身というより、あなたのその若い年齢に、男性は魅かれてアプローチしてきているということを、十分認識してください。

 

今の状況に浮足立ち、こんなに多くの男性からアプローチがあるのなら、もう少し長い間婚活をがんばってみればもっといい出会いがあるだろう、と思わないことです。

 

 

年齢と共に、必ず男性からのアプローチは減っていきます。

 

よりどりみどりで選びたい放題なのは、今だけ。

 

その特権を最大級に使ってよい物件を選びだし、さっさと婚活市場から卒業しましょう。

アラサー後半女性の、婚活市場における立ち位置。

31~33歳のアラサー後半女性となってくると、婚活市場においてはリミット感が見えてきます。

 

多くの婚活男性は子供を望んでいるので、子供を産めるかという基準で女性の年齢を区切ってきます。

 

その線引きラインが、33歳なのです。

 

 

子供なんて30代後半でも産めるだろ、とは思うのですが、35歳以上が高齢出産になるという認識が広く広まった今では、せめて第1子は35歳までに産んでほしいと考える人が非常に多いのです。

 

35歳までに子供を産むとなると、34歳までには妊娠の必要があり、交際期間を経て結婚というように逆算して考えると、32~33歳の女性がリミット、ということになるのです。

 

 

仕事をバリバリこなす女性が多い今、仕事のキャリアが一息つく35歳くらいを目途に結婚をしたいと考える女性は多いようです。

 

しかしそんな女性の思惑とは裏腹に、子供がほしい男性にとって、35歳の女性というのはもはや眼中になくなりつつある存在なのです。

 

 

アラサー後半であれば、ぎりぎりセーフ。

 

男性からもまだ需要があり、そこまで大きな妥協をせずとも、満足感をもって婚活を卒業できるでしょう。

 

どのみち、一刻も早く婚活を始めましょう!

アラサーも後半になると、わがままは禁物。

アラサーが、婚活市場で実際にどのような扱いをうけているのか、おわかりいただけたかと思います。

 

アラサー前半女性は、ある程度のわがままを言って婚活をしても、希望にかなり近い男性に出会うことができると思います。

 

 

しかし、注意してほしいのは、アラサー後半女性たち。

 

アラサー後半女性が望む男性は、自分と同年代~30代後半までというパターンが多いのですが、これがマッチング率を下げる要因になってきます。

 

 

アラサー女性が望んでいる同年代の男性、つまり30代前半男性のターゲットは、アラサー前半女性、つまり20代後半の女性たちなのです。

 

ですので、アラサー後半女性が自分と同年代の男性だけにターゲットを絞って婚活していると、いつまで経ってもマッチングできない結果を招きかねません。

 

男性は、自分より下の年齢層を好むことを前提に、40歳手前までターゲットを広げ、手広く婚活をしてみてください。

まとめ

晩婚だなんだとテレビでもよくやっていて、30代で未婚の女性はもはや普通というような感覚があるかもしれないですが、それでも、現在の女性の平均初婚年齢は29歳なのです。

 

ちなみに、男性の初婚年齢は、30歳。

 

なんだかんだいいながらも、男女共に多くの人がアラサーど真ん中の年齢で結婚していくということなのです。

 

 

実際、そろそろ婚活でもしないとヤバいな、と思い始めるのは30代に入ってからという人がほとんどで、婚活市場にはスタートの年齢が遅いがために売れ残っている人が、山ほどいます。

 

そうならないためにも、特に女性のみなさんは、1秒でも若いうちから婚活をすることをおおススメします。

 

 

アラサー女性は、婚活市場においてはまだ大きな希望をもって若干のわがままを言いながらも活動できる年齢なのです。

 

年齢の恩恵を受けられるうちによさそうな人をさっさと見つけて、婚活を成功裏に卒業しましょう!