ハゲの婚活はいかにして!?ハゲでも婚活すれば結婚できる?

ハゲの婚活はいかにして!?ハゲでも婚活すれば結婚できる?

ハゲの婚活はいかにして!?ハゲでも婚活すれば結婚できる?

年齢が上がってきた婚活男性の中には、薄毛に悩む人も少なくないかもしれません。

 

ハゲだから婚活する気にならない…でも結婚したい!という方に。

 

 

婚活において、ハゲは女性からどのように捉えられているのか?

 

そしてハゲはどのように婚活をすればうまくいくのか?

 

それを、考えていきましょう。

ハゲを婚活相手として見られる女性の割合は?

婚活に励む女性たちに、ハゲている男性を婚活相手として見られるかを聞いてみたところ、20代では6割、30代では7割以上の人が、ハゲている男性でも婚活相手として見られる、という答えを返してきました。

 

 

これは、ハゲで落ち込む人にとっては、かなり朗報ではないでしょうか?

 

婚活する女性たちは、見た目ではなく、ちゃんと中身で相手を選んでいる、ということですね。

 

 

極端な話ですが、街を歩いているカップルで、なんでこんな美女にこんなブ男が?というカップルは見かけても、なんでこんなイケメンにこんなブ女が?というカップルって、あまり見かけなくないですか?

 

 

男性は女性の見た目をかなり重視しますが、女性は、言うほど相手の見た目には重きをおいていません。

 

これからは、ハゲだから自分はもうダメだ、と思うのではなくハゲでもいかに婚活をするか、ということを考えていきましょう!

好かれるハゲ?嫌われるハゲ?

最近よくテレビに出ているお笑い芸人でも、ハゲをネタにして人気を得ている人がいますよね。

 

あの芸人さんは、あんな顔でも、ハゲていても、女性からの人気も高いよう。

 

それはなぜでしょうか?

 

 

ハゲの人は、自分がハゲだからモテないのだと思いがちですが、実際にはそれは違います。

 

自分はハゲている→自信がなくなる→どうせ俺なんてと卑屈になる→言動も卑屈になる、という負の連鎖が、ハゲをモテない男に仕立て上げているのです。

 

 

芸人さんは、ハゲをネタにして笑いをとることで、ハゲを肯定的にとらえているんですね。

 

 

会社の同僚でハゲている人がいるとして、なんとか隠そうとしていたり、頭髪ネタに敏感になっている様子だったすると、気を遣うのも面倒だし、なんとなく関わること自体がもう煩わしくなりませんか?

 

 

逆に、本人はハゲを気にしない様子で、卑屈ではなく「俺ハゲてるし」と自分で笑いとばすような人であれば、周りとしてもちょっとくらいいじっても大丈夫かな、くらいのノリで、気安く接することができます。

 

 

婚活においても、然りです。

 

自分からハゲていることで笑いをとりにいく必要はないですが、相手が自分の頭髪を気にしているんじゃないかと、邪推で無駄に卑屈になるかから、ハゲは敬遠されるのです。

 

 

データの数字にもあったように、婚活において多くの女性は、ハゲているだけではその人を婚活候補からは外しません。

 

自分のハゲをもっと肯定的にとらえて、堂々と明るく好かれるハゲになりましょう。

ハゲはともかく、コンビネーションは避けよう。

先ほどご説明したように、ハゲの人というのは自分に自信がなくて卑屈になりがち。

 

どうせ自分なんかがオシャレしても、と恰好も適当だったり、だらしない体型になっていたりしませんか?

 

 

ハゲであること自体、婚活に大きな支障はありません。

 

しかし、ハゲ×デブとか、ハゲ×ダサい、ハゲ×性格が暗い、というように、何か別の負の要素が組み合わさると、これはもう最低最悪です。

 

一気にオッサンくささまっしぐらで、婚活に行っても女性からは見向きもされなくなるでしょう。

 

 

もし今、ハゲているあなたが婚活で苦労しているとして、それをハゲのせいだけにしていませんか?

 

ハゲ以外の理由をきちんと考えてことがありますか?

 

服装や体型についても、自分を顧みたことがありますか?

 

 

ハゲということ自体は、遺伝要素が大きく自分一人の力ではどうにもならない問題ですが、デブだとか服装に構わないというのは、完全に本人の努力不足ゆえの落ち度です。

 

体型を含め身だしなみを整えることや、明るいふるまいをするという婚活の基本は、確実におさえていきましょう。

まとめ

世の中の多くの人は、ハゲは自分が禿げているころを病んでいるから、なるべくその話題には触れない方がいい、と思っています。

 

頭髪に目をやるのも失礼だし、見た目に関連する話を出すのも気が引けるし、と、ハゲ相手には、対峙する女性の方としてもいろいろ気を遣うのです。

 

そこを、当のハゲ本人が、ハゲていることを全く気にしない明るい素振りで接してくれると、女性としても「この人ハゲだけど大丈夫そう」ということになるのです。

 

 

また、ハゲは婚活に関係ないとはいうものの、見た目がハゲという時点で、第一印象は少し低い位置から始まります。

 

しかし、低い位置からスタートすることで、「ハゲなのに楽しい」「ハゲだけどオシャレ」というように、当たり前のことをやっても「ハゲなのに」と大きな加点をもらえるのが、ハゲの特権。

 

 

「ハゲだから」という後ろ向きな概念は捨てて、「はい私ハゲてますがそれがなにか?」という前向きさをアピールすれば、世の女性は、あなたが思っているほどあなたの頭髪に強い興味はありません。

 

 

ハゲだけど結婚できるかどうかは、結局自分次第。

 

前向きで明るく楽しい好かれるハゲになれれば、婚活には何の支障もないはずですよ。