婚活は、何を決め手にピリオドを打てばいい?後悔しない婚活の終わらせ方。

婚活は、何を決め手にピリオドを打てばいい?後悔しない婚活の終わらせ方。

婚活は、何を決め手にピリオドを打てばいい?後悔しない婚活の終わらせ方。

婚活って、1回参加しただけでも複数の異性との出会いがありますよね。

 

そんな風に出会った異性が増えれが増えるほど、何を決め手に一人を選べばいいのかわからなくなってしまう人もいるでしょう。

 

婚活に後悔なくピリオドを打つためにも、決め手の見極め方を考えていきましょう。

婚活の決め手は、最初から決めるものではない?

最初に婚活を始める時というのは、「見た目はこんな感じで性格はこういう人がいい、決め手はやっぱり年収でこれ以上は必要!」というように、相手に求める希望項目を掲げて気合を入れる人が多いかと思います。

 

自分が相手に求める希望を書き出してみた時に、「これだけは絶対」というものが見えてきて、それを決め手に最終的な一人を選ぼう!と、計画立てたりもしますよね。

 

 

しかし、それはあくまで婚活の現実を見る前の話で、実際に婚活を始めると、こんなはずじゃなかった、婚活ってこういうもんなの?と思うような現実に直面することもあるかと思います。

 

自分の希望に当てはまる相手が少ない、ましてや希望ラインを越えている相手はほとんど
いない、となった時、希望から決め手まで、今一度考え直す必要が出てきます。

 

 

婚活は自分1人で進めるものではなく、相手があってこそ成り立つことですから、実際にやってみると、自分の意思だけでは思うようにいかない事も多いです。

 

最初から決め手を定めていても、それは「絵に描いた餅」になることが多いです。

 

 

実際に婚活をしてみると、活動とともに相手に求めるものや自分の価値観も変わって来て、最終的な決め手の考え方も、変わってくると思います。

 

最初から決め手ありきで婚活するのではなく、まず一通り婚活を経験してみてから、相手に必要だと思うことは何なのかを改めて考え、徐々に決め手を定めていくのがいいのではないでしょうか。

婚活したからこそわかる、決め手ファイル。

その1.短所をわかりあえる、嫌いなものが似ている。

「この人は〇〇だからいい」というように、相手の長所をみつけていくのは、婚活する上でとても大事なことです。

 

しかし、いざそれが決め手になるかというと、決め手になりうるのは、長所より短所の方なのです。

 

 

その人と結婚するということは、時間にルーズだとか、片付けが苦手など、その人の短所と一生付き合っていくということになります。

 

結婚したら直るだろう、結婚したらやるようになるだろうと希望的観測で物事を進める人もいますが、結婚したからといってその人の短所は短所のまま、まず変わることはありません。

 

 

長所がいくら魅力的だとしても、短所を受け入れることができない相手と長い間一緒に暮らしていくのは、とても苦痛で難しいことでしょう。

 

なので、相手の短所が自分の許容範囲である、またはお互いの短所が似ているという相手は、それだけで十分決め手に成り得ると思います。

 

 

さらに言うと、“好みが似ている”ということより、“嫌いな好みが似ている”事の方が、決め手にはなります。

 

たとえば、自分が大好きなお酒について、相手が「そんな体に悪いものにお金を使う気が知れない」というほど嫌いだったら、なんだかうまくいかない感が目に見えていますよね。

 

 

その相手の見た目や性格がいいと思っていても、こういう生活に密着する分野での好みが著しく相反するのは、将来的には不安です。

 

好きなものが一致したからこの人!というより、嫌いなものが一致したからという決め手を選んだほうが、末永くその相手とうまくいくことでしょう。

 

 

その2.相手との将来を考えられるか、二人の未来予想図が見えるか。

すごく単純なことなのですが、この人との将来が想像できない、という人の場合、いくら条件がいいお相手だったとしても、結婚を考えることはできません。

 

たとえば、年収1000万円で見た目も素敵な男性とお付き合いできることになったとしましょう。

 

 

デートはいつもごちそうしてくれるし、記念日には高価なプレゼントも買ってくれる。

 

でも相手は仕事のことについて話したがらないので、どのように働いているかもよくわからないし、ドタキャンしても仕事という理由だけで、細かな部分がわからない。

 

マメに連絡してほしいと言っても忙しいを理由に途絶えがちで、デートの約束も彼ベースで突然決まる。

 

 

そんな人でも、1000万円という年収と彼の見た目は、結婚の決め手になりますか?

 

「結婚後も土日はいきなり仕事になったりするのかしら?」
「子供ができた場合、子供より仕事を優先してしまうのでは?」
「彼の仕事中に子供にトラブルがあっても、連絡すらままならない状況になるのでは?」

 

など、結婚後の不安要素の方が先立つようでは、交際中がどんなに楽しくても、その相手は結婚相手としての決め手には欠ける、ということになります。

 

 

逆に、年収500万円でも、仕事のことや自分の収入について説明してくれ、高価なディナーなどなくても約束はぜったい守りドタキャンはしない、という人の方が、2人の未来予想図は描きやすくないですか?

 

婚活の決め手は、最終的には条件ではなく、そういう部分なのだと思います。

 

 

その3.思いやりがある人か、相手目線で物事を考えられる人か。

2人が一緒にいれば、たまには喧嘩も起こりますよね。

 

喧嘩が起こった時に、ただお互いが怒り合うだけの喧嘩をしているだけでは、何の解決にもならないし、また次にも同じことが起こってしまいます。

 

何で相手が怒っているのかをお互いが理解しようと努められるカップルは、夫婦になってもうまくいくのです。

 

 

また、「優しい人がいい」という人は多いですが、優しいことと思いやりがあることって、微妙に違います。

 

風邪を引いたときに、心配してくれたり家に来てくれたりする人は、優しい人ですよね。

 

 

でも、例えば究極の例として、相手の家に挨拶に行くことになっている日に、あなたがインフルエンザで高熱が出たとしましょう。

 

いろいろな人の予定を合わせてもらったのにと恐縮するあなたに対し、「今熱が出て一番苦しいのはあなたなんだから、まずはお大事にね」と、誰が一番つらいかを思いやった言葉をかけられる人。

 

それが、思いやりがある人の見極めであり、決め手であると思います。

 

 

インフルエンザってある意味不可抗力で、それなのに「せっかく自分の両親も予定を合わせたのに」という事を言ってしまう人は、ちょっと違うのではないかな、と思います。

 

そのことを一番強く感じて申し訳なく思っているのはあなた自身なのですから、そこでそれをわざわざ言うのは配慮に欠けるし、自分が逆の立場で同じことを言われたらどう思うか考えられないのかな、と。

 

 

不測の事態が起きたときにこそ、相手の思いやりは一番発揮されます。

 

相手の思いやりでそれを一緒に乗り越えられたというのは、決め手として十分なのではないでしょうか。

結局決め手というのは、婚活中に自分で見つけるものなのかもしれない。

以上、婚活の決め手の参考を、3パターン挙げました。

 

何を決め手にしていいか迷っているという人には、ぜひ参考にしてほしいものではあります。

 

 

しかし、婚活に求めるものが人それぞれなら、結婚後に求めるものも人それぞれ。

 

結婚後に子供がほしいか、女性が結婚後も仕事を続けるか、などという項目を最重要視する人には、そういう面での価値観が合うということが決め手にもなり得るでしょう。

 

 

婚活をしていると、いろいろな人の価値観に触れる機会があり、それによって自分の考え方も変わってきます。

 

重要視していたことが大したことないように思えたり、軽視していたことが実は重要なのではないかと思い直したり。

 

 

そうやって自分自身も試行錯誤していくなかで、最終的な自分の決め手というのは、自分が一番ハッキリとわかってくるものなのかもしれません。

 

自分の決め手が定まってきたという事こそが、あなたが婚活を続けてきた大きな成果の一つなのではないでしょうか。

まとめ

婚活の末に結婚した男女に結婚の決め手をアンケートすると、「直観」「タイミング」というような意見もあります。

 

一目ぼれを決め手に結婚まで突き進んだ人や、すぐにでも結婚したいもの同士が出会ったことが決め手になった、という人もいるわけですね。

 

そういう人達は決め手が何かを考える以前に、その相手との出会いが決め手になっているということで、婚活をしていれば、そういう運命的な決め手に出会うこともあるかもしれませんね。

 

 

しかし一般的に、婚活をしていて「何を決め手に選べばいいんだー」と思う時期というのは、実はまだ十分に婚活ができていない時期でもあるのかな、と思います。

 

婚活の中で、現実を知り、多くの異性の価値観や考え方に触れ、そしてそれを反映してまた現実を考えた時、あなたにとっての「決め手」は、婚活を始める前に考えていたそれとは全く別のものになっているはずです。

 

 

そうやって婚活をした末に見つけた決め手で選んだ相手は、きっとこの先を長く共にできるパートナーになりうると思います。

 

婚活中に悩める時間は、先が見えずにつらいかもしれませんが、きっと自分の考えがまとまってハッキリしてくるときがあるはず。

 

自分自身でそれをちゃんと見つけ、後悔しないような決め手をもって、婚活にピリオドを打ってくださいね。

関連記事はこちら

自分をみじめにするのは自分自身!婚活みじめスパイラルを脱するには?
婚活疲れをこじらせた“婚活うつ”とは?婚活うつの、原因と打開策!
婚活必死女子になってない?!必死さは猫かぶりで隠して、余裕の婚活を!
婚活あるある勘違い!あなたも勘違い丸出しな人になってない?
婚活は面倒くさい?婚活が面倒だと思ってしまう理由と、その対処法とは?
婚活がうまくいかないのはなぜ?婚活に疲れてしまった方必読のアドバイス!
婚活しても無駄に思えてくる・・・婚活は本当に結婚につながるの?
婚活しても出会えない・・・「いい男いないシンドローム」を脱するには?
婚活が難しいと感じた時に見直すべきこと。婚活とは難しいもの?
気付いたら婚活貧乏!?貧乏を招く婚活にならないために気を付けたいこと!
「婚活をしている」というのは恥ずかしい?なぜ恥ずかしいと思ってしまうのか?
婚活で出会った相手に恋愛感情を持つのは無理?婚活と恋愛のバランスとは?
まさか自分は売れ残り?婚活市場で売れ残らないために今からすぐに出来ること!
婚活で売れ残る女の実態。早々に売れていく女とは何が違うのか?
婚活をやめるという選択肢。婚活を辞めるという事は、結婚を諦めること?
婚活に妥協はつきもの?不要と妥協を区別して、満足のいく婚活をしよう。