婚活疲れをこじらせた“婚活うつ”とは?婚活うつの、原因と打開策!

婚活疲れをこじらせた“婚活うつ”とは?婚活うつの、原因と打開策!

婚活疲れをこじらせた“婚活うつ”とは?婚活うつの、原因と打開策!

最初は夢と希望にあふれて始めたはずの婚活。

 

ですが、うまくいかないことが続いたり結果の出ない期間が長くなると、だんだん婚活疲れに。

 

そして、それでも結婚したいという気持ちに引きずられて無理やり婚活を続けると、婚活うつに至ってしまうことも。

 

婚活うつになりやすいのはどんな人なのでしょうか?

 

それを自分と照らしあわせ、また打開策を身につけることで、婚活うつをのりきっていきましょう。

婚活うつの状況とは?

婚活うつと聞くと、婚活に疲れただけだろうと思われるかもしれませんが、婚活疲れの一歩先を行くのが「婚活うつ」です。

 

婚活を原因として、場合によってはいわゆる「鬱病」同様に、身体的症状が出てしまうことも。

 

 

「婚活に疲れたな」「がんばっているのになかなか結果がでない」と思うところまでは、婚活疲れ。

 

 

それを超えて

 

  • 婚活のことが頭から離れず眠れない
  • 一生独身で不安な将来が夢にまで出てくる
  • 婚活への意欲が失せ、さらには日常的な生活においても意欲が失われている

 

というような状況が見られたら、婚活うつにかかりかけていると言えるでしょう。

 

 

そして婚活うつには、かかりやすい人の傾向や原因があります。

 

婚活うつになってしまう原因と、その対策法をご紹介します。

なぜ婚活うつをまねいてしまうのか?

「うつ」になるそもそもの原因というのは、強いストレスです。

 

婚活うつの原因も、婚活がうまくいかないことによるストレスであることは間違いありません。

 

しかし、婚活をしたら全てがうまくいってすぐに結婚できた!となるのはなかなか難しく、誰しもうまくいかないことを味わう中で、婚活うつになってしまう人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

 

原因その1:生真面目で完璧主義。

いわゆる「A型気質」の人ですね。

 

何かを始めるにあたって、キッチリ目標を設定し、それへの方法と対策をしっかり考え、自分自身の努力や研究も怠らず、完璧に目標を成し遂げようとする。

 

仕事や勉強であれば、その姿勢は評価され、立派な結果がでることでしょう。

 

 

しかし婚活においては、感情をもつ人間が相手で、それは自分とはまったく違う基準で動いている場合もあります。

 

自分とは構造が違うから、なぜこうなったのか、なぜうまくいかないかを考えようにも全くわからず、自分に問題があるのかと自分を責めてしまうことも。

 

 

それでも、納得できない思いを抱ながら生真面目に迷路を進むような婚活をし、やがて行き詰まって婚活うつになってしまうのです。

 

原因その2:理想とプライドが高すぎる。

この歳まで独身だったのだから、今さら中途半端な相手とは結婚できない。

 

仕事でもある程度の地位なのに、そんな自分が婚活をしているなんて、恥ずかしくて周りに言えない。

 

 

そんな気持ちが根底にあり、相手に求めることや自分のプライドばかりがどんどん高くなってしまう人は、婚活うつになりやすいです。

 

当たり前ですが、自分のプライドを大事に相手に高い理想を求めても、実際にはそれに見合う人になど滅多に出会えないでしょう。

 

 

しかし、今まで仕事や人生で結果を出してきた人だからこそ、頑張っても結果が出ないことに焦り、それでも中途半端な結果では自分のプライドが保てない、と自分自身をどんどん追いこんでいくのです。

 

そして、それに比例して婚活ストレスもどんどん溜まり、婚活うつへと到達してしまうのです。

 

原因その3:プレッシャーに弱く、世間体を強く気にする。

年齢とともに、親や親族など周りからも、結婚へのプレッシャーをかけられることも多いかと思います。

 

わかってるよ!こっちだって必死にやってるよ!という状況の中で、周りからの圧力というのは、ストレスを急加速させます。

 

 

また、特に田舎の地方など結婚が早い地域では、世間が狭く、親や親族が必要以上に世間体を気にしがちなことも。

 

その考えが自分にも伝わり、独身でいるというだけで自分自身が悪いことをしているよう気になったり、親に対して世間体が悪い子供で申し訳ないというような気持ちになってしまうこともあります。

 

 

それが、自分で自分に無意識に強いプレッシャーをかけることにもなって、結果的に婚活うつを招いてしまうのです。

婚活うつの解消策とは?

婚活うつを意識し始めた人への特効薬は、自分自身をリフレッシュさせることです。

 

趣味など、婚活ではないところで思いっきり自分を解放してストレスを発散し、自分をリセットすることが一番。

 

 

でも、なかなかそんな打ち込める趣味もないし、リフレッシュって、言うほど簡単にできることじゃない、と思う人には、強制的なリセット方法をおすすめします。

 

 

それは、一度全ての婚活を停止して、婚活から離れた生活をすることです。

 

 

婚活がうまくいかない、でも婚活しなきゃというスパイラルにはまると、寝ても覚めても頭の中は婚活でいっぱい。

 

うまくいかない理由もわからないし、もう婚活にもうんざり来てるけど、それでも婚活婚活、スケジュールは婚活関連で一杯、という日々になっているのではないでしょうか。

 

 

それを一度、全部一掃して、婚活を休んでみましょう。

 

 

婚活をしている人は、年齢的な焦りもあると思います。

 

婚活を離れるとどんどん婚期が遅れて怖いと思う人は、たった1ヶ月でもいいです。

 

1ヶ月だけ、この月だけはもう何もしない!と決めて、婚活から離れてみましょう。

 

 

今まで婚活で埋まっていた平日の夜や休日の予定が全て無くなると、始めは何をしたらいいかわからないかもしれません。

 

でも、趣味や、同性との飲み会、家を徹底的に掃除するというようなことも含め、婚活をしていなかったらどう過ごしていたかということを思い出し、婚活のない日常を過ごしてみてください。

 

 

“やらなければならない”と自分に思い込ませて、嫌でも自分を送り込んでいた婚活と一定期間距離を置くことで、再び婚活を“したい”という思考を生み出すことが、婚活断ちでの目的です。

 

 

本来、幸せをつかむために自分で望んで始めた婚活のはず。

 

一度強制的に離れてみることで自分をリセットでき、はじめた時と同じまた新たな気持ちで、婚活に取り組むことができるようになるでしょう。

まとめ

「あ~婚活うまくいかないな~」という婚活疲れがでてきたとときに、あなたらならどうしますか?

 

スポーツや趣味などでストレスを発散したり、友人と飲んで愚痴を聞いてもらうことで消化できる人というのは、婚活うつにまではなりません。

 

しかし、生真面目で、なぜうまくいかないのかをつきつめて考えてしまったり、プライドが邪魔をしてなかなか他人に相談できない人は、結局自分自身を追い詰める結果になり、婚活うつを発症しやすくなるのです。

 

 

婚活うつになっている人は、自分が婚活うつにいることに気づけない場合も多いです。

 

全然うまくいかないし婚活のことで夜も眠れないほどで、婚活なんて本当はもうしたくないけど、結婚はしたいから嫌々婚活をしている。

 

 

という人は、婚活うつになりかかっている可能性十分。

 

そういう時は、「婚活」という課題だけと対峙する毎日をいったんリセットし、婚活とは無縁の生活をしてみましょう。

 

 

楽しくないことは何事も続かないし、無理やりに自分を鼓舞してやらせても、やりたくないことは結局うまくいきません。

 

自分のストレスとうまく向き合い、場合によっては強制的な婚活断ちをすることで婚活うつを克服し、再び明るい気持ちで婚活をしてくださいね。

関連記事はこちら

自分をみじめにするのは自分自身!婚活みじめスパイラルを脱するには?
婚活必死女子になってない?!必死さは猫かぶりで隠して、余裕の婚活を!
婚活あるある勘違い!あなたも勘違い丸出しな人になってない?
婚活は面倒くさい?婚活が面倒だと思ってしまう理由と、その対処法とは?
婚活がうまくいかないのはなぜ?婚活に疲れてしまった方必読のアドバイス!
婚活しても無駄に思えてくる・・・婚活は本当に結婚につながるの?
婚活しても出会えない・・・「いい男いないシンドローム」を脱するには?
婚活が難しいと感じた時に見直すべきこと。婚活とは難しいもの?
気付いたら婚活貧乏!?貧乏を招く婚活にならないために気を付けたいこと!
「婚活をしている」というのは恥ずかしい?なぜ恥ずかしいと思ってしまうのか?
婚活で出会った相手に恋愛感情を持つのは無理?婚活と恋愛のバランスとは?
まさか自分は売れ残り?婚活市場で売れ残らないために今からすぐに出来ること!
婚活で売れ残る女の実態。早々に売れていく女とは何が違うのか?
婚活は、何を決め手にピリオドを打てばいい?後悔しない婚活の終わらせ方。
婚活をやめるという選択肢。婚活を辞めるという事は、結婚を諦めること?
婚活に妥協はつきもの?不要と妥協を区別して、満足のいく婚活をしよう。