婚活カップルの離婚率ってどのくらい?婚活と離婚の関係とは?

婚活カップルの離婚率ってどのくらい?婚活と離婚の関係とは?

婚活カップルの離婚率ってどのくらい?婚活と離婚の関係とは?

せっかく婚活して結婚をつかんでも、離婚してしまったのでは元も子もなくなってしまいますよね。

 

離婚は誰もが避けたいところですが、日本では離婚率が増加しているのもまた事実。

 

婚活の末に結婚したカップルのその後って、どうなっているんでしょうか?

 

婚活と離婚率には、因果関係があるのでしょうか?

婚活の末に結ばれたカップルの離婚率とは・・・?

日本の今の離婚率は、3割強ともいわれています。

 

結婚しても、3組に1組は離婚してしまうという結果になっているんですね。

 

 

それとは別に、結婚した経緯別に離婚率を出しているデータがありましたので、見てみましょう。

 

 

まず、婚活などをせず自然な出会い~恋愛の末に結婚に至った「恋愛結婚」の場合。

 

婚活者としてはうらやましい結婚への経緯ですが、なんと恋愛で結婚したカップルのうち4割は、離婚に至っているそうです。

 

 

次に、婚活の中でも「お見合い」で結婚したカップルですが、お見合いカップルの離婚率は非常に少なく、1割ということです。

 

この「お見合い」には、結婚相談所で出会いをあっせんしてもらった場合も含まれています。

 

 

最後に、ごく一般的な婚活パーティーなどの婚活イベントで出会って結婚に至ったカップルの離婚率。

 

これが一番多く、なんと5割7分に上るというのです。

 

 

婚活といえば婚活パーティーなどが一番手軽で身近な方法に思えますが、そこで出会って結婚したカップルは、最終的に離婚した割合の方が多いとなると、ちょっと悲しい結果ですよね・・・

 

婚活パーティーで出会ったカップルは、どうして離婚してしまいやすいのでしょうか?

結局は相手の条件ありきで結婚する方が、離婚をしない?

恋愛結婚をした人というのは、長い交際期間を経て結婚に至った人も多いはず。

 

それなのに、平均より多い4割という夫婦が離婚に至ってしまっています。

 

 

恋愛結婚の場合、相手を「好き」という感情がまずあります。

 

結婚に際してはじめて相手のバックグランドの詳細を知ることになり、自分の育った環境と違うと感じても、長い間付き合ってきたんだから何とかなるだろうという思いで結婚に至ります。

 

 

でも、結局それがどうにもならなくて離婚につながると、というパターンが多いようです。

 

 

両親が離婚しているのは聞いていたけど片親と同居したり金銭援助をするほどだとは思わなかった、とか、家業については聞いてはいたけど結婚したら継ぐなんて知らなかった、とか。

 

お互いつきあいが長いと、言わなくてもわかってくれるだろう、これくらいのことはわざわざ言うほどのことではないだろう、と思いがちになってしまうのですが、それが結婚後に大きな齟齬となり、埋められない溝となってしまうのです。

 

 

一方、お見合いや結婚相談所を通した出会いの場合、最初から「結婚相手」として相手と出会うことになります。

 

相手自身の年収や生活状況はもとより、両親の状況や将来の同居の要否、結婚相手に求める事まですべて釣書として相手に提出し、それを了承した上でお互いが気に入れば、交際、結婚という流れになります。

 

結婚後に揉めやすい、女性側も働くかどうかという事や、親との同居、金銭問題などの問題が持ち上がっても、全ては事前の釣書で確認して了承した上で結婚しているので、それをキッカケに離婚ということにはならないのです。

 

 

そして最後に婚活パーティーなどで出会った場合の結婚ですが、コレは言ってしまえば、恋愛結婚とお見合い結婚の“悪いとこ取り”となるわけです。

 

婚活パーティーなどでは自分のプロフィールを書くシートがありますが、記入は任意で、あくまで自己申告の範囲ですから、結婚相手としての条件を見極めるには不十分。

 

それでもその中で相手を選び、お互いが気に入れば交際に入りますよね。

 

 

交際といっても、恋愛結婚ほど相手のことを好きになれるかと言えば、そこまでの若さも時間もないわけで、付き合ってみて「特に気になる」というようなことがなければ、焦りもあってまぁあいいかと結婚を決めてしまう。

 

 

結局、お見合い結婚ほど相手のバックグランドを知ることもなく、恋愛結婚ほど相手のことを好きでもないけど、早く結婚したいという思いで結婚を決める。

 

だから、離婚してしまう、という結果になってしまうのです。

 

 

結婚となると家と家の繋がりとなるわけで、親や親族がどうのという、本人同士だけではない問題も次々と持ち上がってきます。

 

結局は、お見合い結婚のように最初からそういう部分がクリアになっている結婚が強い、ということなのかもしれません。

離婚はしたくないけど、婚活をしないと結婚できない人はどうしたらいい?

婚活しての結婚でも、お見合いや結婚相談所を介した出会いでは、1割程度しか離婚に至っていないので、データに従っていえば、お見合いあっせん所や結婚相談所に入会すれば、離婚率の低い結婚ができるということになります。

 

 

つまるところ結婚とは、夢物語や憧れで語れる話ではなく、毎日を積み重ねていく超現実的な話。

 

条件で相手を選ぶのはどうなのかという話もありますが、この際キレイ事はとっぱらって、自分の譲れない条件をしっかり確認した上で相手を選んだ方が、失敗はないということでしょう。

 

 

婚活パーティーなどで相手を選んだ際でもそれは同じことで、あらかじめ「これだけは譲れない」という事をまとめておくといいでしょう。

 

 

相手の親に関することや金銭に関することは、なかなか聞きにくいことではあります。

 

しかし婚活パーティーで出会っている以上、相手も結婚相手を探しているわけで、避けて通れない話であるのは十分承知のはず。

 

 

こういう話をしてくる=結婚に前向きというというように肯定的に捉えてくれる相手であれば、出会いの形はどうであれ、将来像をしっかり話しあった上で、離婚率の低い結婚が目指せるのではないでしょうか。

まとめ

婚活せざるを得なくなっている身からすると、うらやましく見える「恋愛結婚」ですが、その恋愛結婚の離婚率が以外にも高いのは、驚きですよね。

 

「愛さえあれば」というのはやっぱりキレイ事に過ぎない、ということの証明かにも見えます。

 

 

婚活を経て結婚したカップルは、結婚という目的のために多少の妥協や無理をしているイメージもありますが、特にお見合いでの結婚は、結果的に多くの人がうまくいっているわけです。

 

このあたりがやはり、「結婚」と「恋愛」は別物だと言われる所以なのでしょう。

 

 

結婚するということは、家同士がくっついて親戚が増え、自分達はこの先を一生一緒に暮らしていく、というとても現実的な話。

 

「なんとかなるだろう」「好きだから大丈夫」だけでは乗り越えられない部分も大きいというのが、実情なのですね。

 

 

結局は、互いの結婚後のビジョンが異なっていた、結婚後のベクトルが別の方向に向いていたということに、結婚前に気づけなかった事が、離婚に至る大きな原因と思われます。

 

お見合いや結婚相談所では、お金がかかるだけあって、そういう部分のすり合わせをプロが仲介してやってくれます。

 

 

しかしそれ以外の婚活方法で出会った場合は、能動的に動いていかないと、そういう部分を確認することはできません。

 

予め結婚に際して譲れない項目をしっかり整理し、自分から確認をしていくことで、離婚を避ける確率を高められるといえるでしょう。

 

 

結局、婚活したから離婚しやすいとか離婚しにくいとかいう話ではないわけで、全ては自分がどのように婚活をするか、にかかっているのです。

 

結婚後のビジョンを明確にし、離婚に至らないような婚活を進めてくださいね。