婚活で外国人に出会いたい!“目指せ国際結婚”の夢は、婚活で叶うのか?

婚活で外国人に出会いたい!“目指せ国際結婚”の夢は、婚活で叶うのか?

婚活で外国人に出会いたい!“目指せ国際結婚”の夢は、婚活で叶うのか?

外国人の方と結婚したいと思うと、日常生活ではなかなか接点がなく、外国人を狙った婚活が必要になりますよね。

 

実際、婚活して外国人と出会うことって、可能なんでしょうか?

 

国際結婚を目指すあなたに、外国人と出会える方法をご紹介していきます。

婚活で外国人に出会うことはできるの?

普通に婚活していて、たまたま外国人に会うということはめったにないでしょう。

 

でも、世の中には外国人と結婚したいという人がそれなりの数いて、その人達向けに外国人を紹介する婚活サービスというのも存在するんですね。

 

また、婚活というくくりでなくとも、外国人が多く集まる飲食店に行ってみたり、英会話などを通して知り合いになるという手もあります。

 

 

外国人と出会って結婚するなんて無理でしょ、はじめから思わず、いろいろ探してみると「いけそうかも」と思うくらいには方法があるものなんですよ。

 

では実際にどういう場所で外国人と出会えるのか、見ていきましょう。

外国人に英語を習う名目で、出会っちゃおう!

街中のカフェなどで、外国人と日本人が向かい合い、ノートなどを挟んで話している風景、見たことがある人もいるかと思います。

 

カップルっぽいですが、たまにノートのようなものに目をやったり、外国人が発声する単語に日本人が熱心に耳を傾けていたり。

 

 

これは、外国語の英語の個人レッスンです。

 

大手の英会話教室に通うより時間の調整がフレキシブルで、マンツーマンで教えてもらえることもあり人気が出てきて、レッスンしているのかな、と思うような光景も珍しくないようになりました。

 

これを、最近は外国語を習うという目的以上に、外国人と知り合いになる手段として使う人も多いようです。

 

 

そして、肝心の先生をどうやって見つけるかという方法ですが、インターネットで検索してみると、先生希望の外国人と生徒希望の日本人を仲介してくれるサイトが、いくつか存在します。

 

サイトを介して先生となる外国人に申し込みをし、先方から返信がくると、その後はサイト上のメールで条件などのやり取りをして話を詰めます。

 

双方が合意したら、1回目のレッスンの日時と場所を決め、何かあった時のために、とその段階で直接的な連絡先を交換することが多いようですね。

 

 

実際に会ってレッスンしてみて合わなかったらその方はお断りし、別の方にまた申し込みをすることも可能ですから、相手の外国人が既婚だったり自分の好みでなければ、何度か先生を変えてみるのもいいかもしれません。

 

 

聞いた話によると、先生である外国人の方も、お金のためというより日本人との出会いを求めて登録している場合がけっこうあるそうですよ!

 

日中はサラリーマンとして働いていて、出会いがないので、そういうレッスンサイトに登録し、お互いの仕事終わりに会えるようになれたらいい、と思う外国人の人も、少なくないようです。

婚活パーティーで、外国人限定の会を狙おう!

国際結婚を狙うという人にぴったりなのが、目的別の婚活パーティー。

 

異性が外国人限定のものに参加するという方法です。

 

開催回数は多くはないですが、探せばいろんな主催会社が定期的に開催していることがわかります。

 

婚活パーティーであれば、相手の外国人の方も結婚を考えて参加しているわけですから、お互いの意向が合えば話は本当に早いですよね。

 

 

ただ、参加する外国人が全て日本語コミュニケーション可能というわけではありません。

 

中には、本当に母国語とごく簡単な日本語しか話せない、という人が参加している場合もありますので、そういう場面になっても物怖じしない度胸や、自分自身もある程度の語学力が必要になってくるかもしれません。

国際交流パーティーに参加しよう!

国際交流パーティーというのを聞いたことがありますか?

 

婚活パーティーの会社が開催していたり、街コンのように開催されることもあります。

 

 

また、逆に外国人が主催で、日本に来て間もない外国人が日本人の知り合いを増やすために開催されているパーティーなどもあります。

 

これは、婚活というよりも、外国人と日本人がお互い知り合いになるのが目的なので、外国人も日本人も、男女共に参加することができます。

 

 

国際交流パーティーの内容は、婚活のように1対1で話をする時間などは設定されておらず、立食パーティー形式で参加者同士が自由に交流したり、連絡先交換ができるようになっている場合が多いです。

 

同性の外国人と会話する機会もあるでしょうから、そういうところで外国人の友人を増やしておくと、直接的に恋愛につながらなくても、その先は紹介形式で外国人の知り合いを増やしていくこともできそうです。

 

外国人は集まってホームパーティーを開催していることも多いので、親しくなってそういう場に参加できるようになれば、さらに出会いの輪が広がる可能性がありますね。

外国人と結婚することのデメリットも十分考えよう。

あなたが外国人と結婚したいと願うのはなぜですか?

 

その国の文化自分に合うから、ハーフの子供がほしいから、理由はいろいろだと思います。

 

その一方で、外国人との結婚に潜む危険やデメリットも、十分に理解しておく必要があるでしょう。

 

デメリット1. 文化や宗教の違い

まず、デメリットではないですが考えたい事として、日本人同士の結婚にしたって、育った環境が違えば、結婚後に驚くような生活習慣や風習があることもあります。

 

それがましてや文化や宗教、考え方から言語に至るまで全て異なる環境で育った相手なのですから、結婚後の生活については、実際に始める前によく相手と話合って考えておいたほうがいいでしょう。

 

デメリット2. 婚姻の手続きや国籍の問題

また、いざ結婚となった場合、日本人同士の結婚のように、戸籍謄本と婚姻届けがあれば即日夫婦、というわけにはいきません。

 

相手の国の大使館にもいかなければならないし、相手の国から書類を取り寄せたり、場合によっては偽装結婚ではないことを証明するため、友人などに書類の用意をお願いする必要がある場合もあります。

 

そして入籍後、相手の国籍によって、あなたの国籍が強制的に変わってしまう場合もありますし、先々子供ができれば、子供の国籍も考える時がくるでしょう。

 

デメリット3. 日本に住むか相手の国に住むか問題

また結婚後は日本に住むのか?いずれは相手の母国に住むのか?

 

日本に住むという結論になったとしても、相手の家族に何かあれば、母国に戻らなければならない可能性もありますし、そもそも結婚ともなれば、あなたのご家族の理解も必要でしょう。

 

デメリット4. 言語の違いによるコミュニケーションの不一致

最後に正直一番大きなデメリットは言語の違いによるコミュニケーションの不一致が起きることだと思います。

 

どんなに相手の国の言語をマスターしても、ネイティブでない限り100%というわけにはいきません。

 

だから外国人同士が心の機微に触れるような深い会話をしようとするとどうしてもニュアンスが伝わらない、ということが出てきます。

 

 

そこで起きるコミュニケーションギャップを愛だけで乗り越えられるのか。

 

というのは日本人同士で結婚した場合と比べてどうしても不利になる部分です。

 

 

それでも誰よりも愛してる、と思えるくらいでないと結婚は難しいと思います。

 

 

ただ単に外国人と結婚したい!というのではなく、そのデメリットも理解したうえで、婚活をしてくださいね。

まとめ

実際に調べてみると、外国人限定の婚活パーティーや国際交流パーティーというのはそれなりの数が開催されており、婚活で外国人と出会いたい、結婚したいという人は、実はけっこう多いのでしょう。

 

日本人相手の婚活だと、相手の年収や年齢をまず気にしがちですが、外国人相手で、しかも結婚前提の出会いとなると、お互いの語学のレベルや結婚後の居住地など、この人との結婚が現実的に可能かどうかという部分をまず見る必要がありますよね。

 

それをクリアしておつきあいということになり、お互いの文化を受け入れることができると感じられれば、結婚に至るまでは意外と早いのかもしれません。

 

 

結婚となると、やはり自分達だけではなく親御さんにもかかわってくることですから、相手がみつかってから報告して驚かれないよう、普段から自分の意向を話して、理解を得ておいたほうがよさそうです。

 

相手が外国人の場合、ただ付き合っているのと結婚するのでは、本当に大きな違いが出てきます。

 

良くも悪くもそれを十分に理解した上で、国際結婚に向けた婚活に精を出してくださいね。