婚活において高学歴は有利?不利?婚活における学歴のとらえかたとは?

婚活において高学歴は有利?不利?婚活における学歴のとらえかたとは?

婚活において高学歴は有利?不利?婚活における学歴のとらえかたとは?

高学歴

婚活していると、自分のプロフィールを書き込む用紙に、学歴を書く欄を見かけます。
自分は学歴がないから不利なのか?

 

もしも、東大卒という輝かしい高学歴があれば、モテるものなのか?

 

婚活において学歴はどのような捉え方をされるのか、見ていきましょう。


婚活において、学歴に対する意識は男女差がある?

男女差

なんとなく一般的な話ですが、女性より男性の方が学歴が劣る、というのは、不釣り合いに受けとられることが多いようです。

 

高卒男性に対して大卒の女性、地方の無名私立卒の男性に対して有名国立大卒の女性。

 

不釣り合いというより、男性側の肩身が狭いという方が近いかもしれません。

 

 

男女平等とさけばれ、男女の大学進学率も変わらない現代でも、やはり男性としては昔ながらのプライドがあって、学歴が高い女性を前にすると、肩身の狭い思いがあるようです。

 

 

男性はやはりいろんな場面において女性をリードしたい生き物。

 

婚活においても、できれば自分がリードしていきたいと思っていますから、高学歴の女性を前にしてしまうと、この人を自分がリードできるかな?という不安に駆られてしまい、敬遠してしまいがちになります。

 

 

一方、女性はどうでしょうか。

 

「三高」という言葉が流行った昔は、高学歴、高収入、高身長の男性を求める女性が多く、学歴の高さは婚活における人気を決める要因のひとつでもありました。

 

その昔と比べると、男性に高学歴を求める女性は減ってきているは思いますが、それでもやはり、一流企業とされる会社に入ったり、医者や弁護士などの難資格を取得するには、高い学歴が必要なのが実情。

 

 

結局は、高学歴=高収入という方程式になるわけで、男性に高収入を求める女性は必然的に高学歴の男性を求める、という結果になります。

 

婚活では、男性は高学歴の人の方がより人気があり、女性は高すぎない学歴が望ましい、という傾向にあるようです。


高学歴な婚活者はうまくいかない?~男性編~

前述のとおり、高学歴の男性は高収入というイメージにつながりやすく、婚活市場ではとても人気があります。

 

結婚相談所では、超有名大学卒の男性は、顔写真をださなくとも女性からの申し込みがひっきりなしにあるほどだそうです。

 

このように高学歴の男性は、条件という意味では文句なしで、最初のつかみはバッチリなのですが、実際にはその先が続かない男性が多いというのです。

 

 

女性はなぜか、「高学歴」ということからイメージを派生させ、高学歴であるからにはきっと収入も高く、いい企業にお勤めで仕事もできて、頭の回転良くスマートな立ち回りができる素敵な男性に違いない、と、男性のハードルを勝手にめちゃくちゃ上げてしまいます。

 

 

しかし実際に高学歴な男性というのは、その逆であることが多いのが現実。

 

高校時代は勉強しかせず、大学デビューといっても同じように勉強漬けできたメンバー同士では大した遊びも経験しないまま就活へ。

 

一流企業に入ったはいいが激務に酷使される毎日で、女性との交際経験もロクにないままいい歳を迎えたので結婚相談所へ、という流れに乗っている男性が多数なのです。

 

 

また、士業や医師など高学歴高収入な仕事につくためには、他学部より長い在学であったり資格勉強での浪人生活など、学生生活に長く時間を費やした人も多く、歳の割に社会人経験が浅いという人も珍しくありません。

 

 

一言で言うと、高学歴の人ほど女性に慣れていない人が多いのです。

 

だからそんな高学歴でも高収入でも今まで結婚にいたらず、結婚相談所にお世話になっているのです。

 

それなのに、女性側としては勝手に「高学歴だからスマートで素敵な男性に違いない」と通常よるはるかにハードルを上げて気合を入れていくものだから、イメージと現実の落差にビックリし、2回目以降はない、という流れになってしまうのです。

 

 

高学歴な男性は、今まで勉学に励んできたように、婚活以前に女性の扱いのイロハをしっかり学ぶ必要がありそうですね。

 

そして高学歴の男性を求める女性は、勝手なキラキライメージを押し付けず、勉強しかしてこなかった人なのだから女性に慣れているはずがない、というイメージの元に高学歴男性と対面する必要がありそうです。

高学歴な婚活者はうまくいかない?~女性編~

高学歴な女性は敬遠されがち、と書きましたが、やはり学歴欄に「東京大学卒」などと記載されている女性を見ると、男性は手が出しづらいものでしょう。

 

高学歴=高収入というのは男性側も持っているイメージだと思いますので、自分より高学歴な女性となると、必然的に自分より高収入で、そんな女性と結婚したら自分は肩身が狭いんだろうな、という将来像が頭をチラつきます。

 

また、そもそもこんな学歴の自分なんて相手にされないだろうな、とも。

 

 

高学歴な女性の婚活パターンは、相手の学歴を気にするか、しないかではっきり2分されます。

 

高学歴で本当にプライドが高い人は、相手にも自分同等の学歴や収入を求めます。

 

 

高卒男性など問題外で、そういう雰囲気が身体からもにじみ出ているので、近寄りがたい雰囲気や上から目線を感じるかもしれません。

 

しかしそういう女性は往々にして、始めから条件ありきで相手を選べる、結婚相談所やお見合いで、高学歴な男性を求めます。

 

そして高学歴な男性と巡りあうも、高学歴男性は前述のとおりですから、なかなかうまくいかないという結末・・・

 

 

一方、相手の学歴を気にしない高学歴女性もいます。

 

そういう人は、学歴を細かく書かなくていい婚活パーティーなどに気軽に参加していて、相手が高卒であっても、学歴ではなく人間性で相手を選ぶ、というタイプ。

 

女性が高学歴であることは婚活では不利に働くと理解しているので、学歴の話は自分からはせず、高学歴感は全然ないのに、何かの拍子で学歴の話になったら、すごい高学歴が判明した、というパターンです。

 

 

男性は、女性の高学歴が判明した時点で委縮してしまうことが多いと思いますが、このタイプの女性であれば「すごいですね」と適当にやりすごして話を変えるくらいが、相手にとってもありがたいと思われるのです。

 

婚活パーティーなどで偶然出会った高学歴女性は、相手の学歴を気にしない、という人も多いので、男性側としても学歴だけに憶することなく、相手の人間性を見ることに専念したいですね。

まとめ

学歴だって年収だって髙けりゃ高いほどいい、と思ってしまいがちですが、婚活においては、学歴は高いほどいい、ということでもないのが現実のようです。

 

 

キレイ事と思われるかもしれませんが、結局学歴と結婚しても、結婚生活がうまくいく要素って何もないですよね。

 

たとえば年収と結婚したとしたら、愛がなくなってもお金がある、となるかもしれません。

 

 

でも学歴が高い低いという事実だけではお金が生まれるわけもなく、学歴を首から下げて歩くわけでもなければ学歴割引があるわけでもなく、学歴の良し悪しで直接的に人生に得したり損したりすることって、あまり思い付きません。

 

であれば、学歴よりももっと他に重視する条件で相手を見つけた方が、結婚後の生活は安定しそうなものです。

 

 

婚活となると、どうしても学歴を記載する覧があり、記載がある以上そこに目もいってしまいますが、それが将来に何か関係するの?ということを、よく考えてみてください。

 

相手の学歴など関係ない!とまではいかなくても、今までより学歴へのこだわりは小さくなり、婚活においてはもっと大事なことがある、ということに気づくのではないでしょうか。