婚活においても、もはや必須のLINE。その好ましい頻度と内容とは?

婚活においても、もはや必須のLINE。その好ましい頻度と内容とは?

婚活においても、もはや必須のLINE。その好ましい頻度と内容とは?

今や、親しい人との連絡ツールには、LINEを使っている人が大多数なのではないでしょうか。

 

婚活で出会った人との連絡方法としても、LINEはメインになると思います。

 

しかし迷うのが、その頻度や内容。

 

 

メールより手軽にできるものの、たくさん送るのはどうなのか?

 

また、スタンプや絵文字は使った方がいいのか?

 

そんな、便利だけど悩みのタネになる婚活相手とのLINEについて、考えていきましょう。

婚活でLINEを交換したら、送るタイミングは?その後の頻度は?

婚活で、異性のLINEをゲット!

 

これぞ交際への第一歩でついつい浮足立ってしまいますが、まず悩むのが、どんなタイミングでLINEを送るか、ですよね。

 

お相手への初LINEは、その相手と会ったその日のうちに、そしてできれば早めに送りましょう!

 

 

婚活ではたくさんの異性に出会っているので、相手もたくさんの人とLINE交換をしているかもしれません。

 

その中でも1番にメッセージが来るというのは、相手に、自分のことをかなり気に入ってくれたのかな?という気にさせます。

 

 

また、早めの一手は、たくさんの人からLINEがくるうちに誰が誰だかわからなくなってしまった、となる前に、相手に自分の印象をしっかりとつけておくことにもなります。

 

今日は話すことができて楽しかった旨、LINEを教えてもらえてうれしかった旨、そして互いの会話の中で印象的だった話題を出して、またそのことにについて話したい、というような内容を送るのがいいでしょう。

 

 

そして次に気になるのは、その後のLINE頻度。

 

 

相手の返事が来る前から次のデートのお誘いなどをかける人がいますが、これは論外。

 

とりあえず、相手の返信を待ちます。

 

 

その上で次のLINEを送るわけですが、相手の連絡頻度の好みがわからない以上、とりあえず1晩置いて次の日の朝あたりに「おはよう」がてら返すのがいいのではないかと思います。

 

その上で、相手のLINE頻度をさぐってみましょう。

 

 

自分が朝の通勤時間に送ったLINEに即返信がきたり、お昼休みには返ってくる、というような相手であれば、比較的マメに連絡をとりたいタイプといえるでしょう。

 

 

たとえ既読になっても、返事自体は夜の時間になってから、または翌日以降に返ってきたという場合、あまりマメではなく、逆に頻繁な連絡を煩わしいと思うタイプかもしれません。

 

1回のやりとりでそれを決めてしまうのは尚早ですが、何度かのやりとりで相手のテンポをつかみ、相手の好みに合わせた頻度で送ることを心掛けてみましょう。

LINEを送る上で、気をつけたいことは?

婚活パーティーの時は、相手の年齢に関係なく、敬語や丁寧な表現を使って話しますよね?

 

LINEにおいても、ある程度まではそれを続けた方がいいと思います。

 

たとえ相手が歳下だとわかっていても、いきなりタメ口や、スタンプだけで感情を表現するようなことはせず、あくまで敬語まじりの丁寧な表現を心掛けましょう。

 

 

「ある程度まで」の目安は、2回目に会う時です。

 

特に女性は、いきなりため口で来られると、急激に距離を詰められたようで引いてしまう、という人も珍しくありません。

 

2回目に実際に会って打ち解けるまでは、言葉遣いには特に注意です。

 

 

また、相手に興味があっていろいろ聞きたいし、できることならLINEのやりとりも長く続けたい、という思いから、ついつい毎回質問を送るというのも多いパターンではないでしょうか。

 

 

相手が毎回即返信をしてきて、むこうからも質問がどんどん来るようなLINE好きの相手だったら、それはそれでいいと思います。

 

しかし、返信頻度もそう高くないのに、こちらから頻繁に送ってしまうと、そのうち既読がつかなくなるという悲しい結果になるかも・・・

 

あくまで、なるべく相手の連絡頻度の好みに合わせるように、気をつけましょう。

 

 

逆に、自分はそんなにLINEが得意じゃないのに、相手からはたくさん来る場合もありますよね。

 

未読スルーにしておくのもいいとは思いますが、「仕事中は会社の携帯しか見れなくて、夜しか返信できなくてすいません」というようなことを一度送っておくと、相手もそれをふまえた頻度にしてくれると思います。

 

 

また、言葉にするのが面倒、なかなか気が利いた言葉が出てこない、ということで、やたらスタンプに頼る人がいますが、それはやめた方がいいでしょう。

 

スタンプの楽しさはLINEの特徴ではありますが、婚活におけるLINEはあくまでコミュニケーションとしての手段ですから、言葉でのやりとりが基本。

 

スタンプだけでは手抜きに思われたり、自分がそのスタンプを選んだ意とは違う意味で受け取られることもありますよね。

 

時間がかかっても、あくまでメッセージでのやりとりをするようにしましょう。

2回目に会った時に、相手のLINE頻度の好みを聞いてみよう。

LINEで繋がると、とりあえず2回目の約束をLINEでしますよね。

 

それまでのLINE頻度は、相手の返信の速度などを見ながら、さぐりさぐりになると思います。

 

そこで2回目に会った時には、今の自分とのLINE頻度について、直接相手に聞いてみましょう。

 

 

その時、今よりもっとLINEをしたいと思っている場合は、“あなたとのLINEは楽しいからもっと送りたくなってしまうけど、迷惑だと思って抑えている”というような言い方がいいと思います。

 

もし相手ももっとLINEをたくさんしたいと思っているのなら「全然迷惑じゃないですよ、もっと送ってもらっても大丈夫です」というような返答がくるはず。

 

 

逆に今より多いのは困ると思っている場合は、「そうなんですね、でも私は連絡音痴で返信遅くてすいません」というようなあいまいな返答が返ってくるでしょう。

 

「今よりもっとLINEしてもいいですか?」と担当直入に聞いてしまうと、相手もNOとは言いづらくなってしまうので、相手にアピールをしつつも相手の逃げ道はつくっておくような聞き方がいいと思います。

 

 

また、相手より自分の方がLINE頻度が低い場合は、「あんまり携帯を見る習慣がなくてごめんね」というようなことを、自分の方から言いだすといいと思います。

 

相手は返信が遅いことを気にしているかもしれないので、あなたを後回しにしているわけではない、という意味のことをうまく伝えましょう。

 

 

LINEの頻度は、お互いのテンポが合っていないと、つきあっていく上でもイライラしてしまう原因にもなってしまいますよね。

 

早い段階で相手と自分のLINE頻度のすり合わせをしておくと、後々が楽だと思いますよ。

まとめ

婚活で気に入ったお相手とLINEを交換できたらヤッター!ですが、その直後から、何て送ろうか、どういう頻度で送ろうか、といろいろと悩ましくもなってきます。

 

LINEは既読を確認できる機能があるので、既読がついたのに返信がこない、なかなか既読がつかないなど、メッセージを送ったら送ったで、また悩ましいことも。

 

気が急いて送信画面を何度も開いてしまいたくもなりますが、そこは落ち着いて、相手のペースを探っていきましょう。

 

 

LINEは、好きな相手と気分が盛り上がってやりとりしているうちは、何回往復があっても楽しいものですが、一度面倒な相手だなと思われてしまうと、なかなかその先を続けるのが難しくなってしまいます。

 

まだ慣れない段階では、自分的には少なめかな、と思うくらいの頻度がおすすめです。

 

 

出会ってLINE交換をしたら、まずお礼を送りますよね。

 

その後、LINE内で2回目に会う約束をし、それまでの期間は、2回目に会う時に何をするか、何を食べようかというようなことをポツリポツリとLINEで相談。

 

そして2回目をむかえ、会った時にLINEの頻度についても聞いてみる。

 

というような流れがいいのではないかと思います。

 

 

送りすぎかな、送らなさすぎかなとこちら側は心配になってしまいますが、自分が思っているほど相手は気にしていないというのはよくあるパターン。

 

深く考えすぎず、あくまで楽しいLINEのやり取りをしてくださいね。