婚活しても無駄に思えてくる・・・婚活は本当に結婚につながるの?

婚活しても無駄に思えてくる・・・婚活は本当に結婚につながるの?

婚活しても無駄に思えてくる・・・婚活は本当に結婚につながるの?

何のかんのと婚活をしてはいるものの、効果がでなくて全てが無駄に感じる。

 

婚活したからって本当に自分は結婚できるのか・・・?

 

がんばって婚活をしてもなかなか成果が出ないと、こんな気持ちにもなってしまいますよね。

 

無駄な婚活をしないために、また婚活を無駄に終わらせないために、どのような婚活をするべきなのか、考えていきましょう。

「気軽な」「安い」婚活は、結局のところ無駄になりがち?

“無駄な婚活”って、どういう婚活でしょうか。

 

一言で言えば、成果が出ない婚活ですよね。

 

異性はたくさんいるのに全然マッチングしない。

 

やっと連絡を取り合うようになっても一向に進展せず、ある日いきなり音信不通になる。

 

 

など、目標である「結婚」が見えてこない婚活は、結果的には「この婚活は無駄だった」となってしまいます。

 

 

そこでちょっと考えてみてほしいのですが、“無駄な婚活”って、実はよく考えると始めから“無駄になりそうな婚活”であることが透けて見えている場合もあります。

 

 

たとえば、多くの人が利用している婚活アプリ。

 

いつでもどこでも婚活できるし、人に知られることもなく手軽な婚活方法ですよね。

 

 

でも手軽な半面、実際には全然結婚する気なんてないのに登録しているという人がけっこういます。

 

実は既婚だったり、遊び目的の相手を探しているだけだったり。

 

 

プロフィールや写真にしても完全に自己申告ですから、異性からたくさんのメッセージがもらえるように、いくらでも盛ることができますよね。

 

で、メッセージを何回もやり取りした末に結局会えない、となれば、これ以上無駄な婚活はないんじゃないかと思うほど。

 

 

他にも、街コンなどのイベントについても、アプリと同じことが言えるでしょう。

 

「気軽に」「安く」参加できるというのは、婚活において魅力的なワードではありますが、その分、その程度の気持ちの人しか参加していない場合も多いともいえます。

 

 

本当に「結婚」を見据えた婚活をするのであれば、それなりの投資と、本気の婚活方法を探るというリサーチが必要になってくるでしょう。

無駄にならない婚活過程とは?

婚活を始めた当初は、こういう人がいいという相手に求める条件をいっぱい並べて、勇んで婚活に参加したことと思います。

 

しかし思うような人にも出会えないまま気づいたらもう1年、ともなれば、お金も時間も無駄にしているなーとも思い始めてしまいます。

 

 

その1年で得たものが何もないと「無駄な婚活だった」と片付けてしまいがち。

 

でも1年もの時間とお金を費やして婚活をしているわけですから、婚活市場のことには詳しくなり、あなた自身が自分の婚活における立ち位置もわかってきたのではないでしょうか。

 

 

これはキレイ事ではなく、あなたはその1年で「婚活の経験」を得ているのです。

 

そして一番大事なことは、婚活の経験を得たことに気づいて、自分を振り返ることができるかどうか。

 

 

「あー1年やったけど何の成果もないし、無駄だったなー」と終わらせる人は、次の1年もきっと同じように過ごして終わるでしょう。

 

 

この1年で多くの異性に会って、アプローチしたりされたりして気づいたことって、思い返すとたくさんあるはずです。

 

 

自分が求めるような条件の人はごく少数しかいないことがわかった、自分は婚活市場でかなり歳が上であることがわかった。

 

ほかにも、どういう婚活パーティーにいくとどういうタイプの人が多いのか、連絡先交換の後はどういう頻度で連絡したらうまくいきやすいのか。

 

 

だったら、それを今後の婚活に生かしていくべきですよね。

 

 

相手に求める条件を考えなおしてみる、自分を選んでもらうという謙虚な態度アピールしてみる、等々、今までの婚活経緯を踏まえて、自分を婚活現場の実情に合わせていく努力をしていますか?

 

 

無駄と言っているだけでは、本当にただの無駄で終わってしまいます。

 

ぜひ、その経験をただの無駄で終わらせないよう、自分を総括する努力をして、よりよい婚活に繋げてください。

婚活が無駄なら、そもそもどうやって出会って結婚するの?

実際、世の中には、「婚活なんて無駄」「婚活パーティーを主催する会社を肥やすだけ」ということを言う人もたくさんいます。

 

ですが、今まで自然な出会いがなくて、それでも結婚したいという人のために「婚活」が生まれたわけで、そもそも婚活とは結婚できない人への救世主的なサービスであるはずなのです。

 

 

「婚活」なんて言葉がなかった時代には、自然な出会いで結婚に至らない人は、人を介した紹介などに頼るしかなかったもの。

 

それが、「婚活」というジャンルが確立されたことで、普通に生きているだけでは出会えなかった人と出会う機会を得られ、同じく結婚を目標にする男女が集まる場所を提供するサービスが世の中に登場したわけです。

 

 

婚活なんて無駄、と他人事のように言う人は、何の苦労もなく結婚できた人なのかもしれませんが、そういう人に、婚活しないと結婚の機会を得られない状況になった人の気持ちがわかるはずがありません。

 

 

また、「さまざまな婚活をやってきたけど結局婚活は無駄だと悟った」という人は、今現在結婚できているのでしょうか?

 

婚活以外の方法で出会って結婚できているのであれば、始めからその方法をすればよかったのでは?という話ですし、偉そうなことを言っても今現在も独身なのであれば、なんの説得力もありません。

 

 

婚活をしている人は、婚活が必要だから婚活をしている。

 

日常生活では異性との出会いがないけど結婚したいから、婚活をしている。

 

違いますか?違わないですよね。

 

だったら、婚活が無駄などと言っている場合ではないのではないでしょうか。

 

無駄じゃなかったという結果=「結婚」にいきつくことでしか、詰まるところ「婚活は無駄」という気持ちを解消することはできないわけです。

 

 

今まで結婚できなかったら婚活している、という自分の立場をよーく踏まえたら、「婚活は無駄」などと言っていることの方が無駄だということが、わかってくるのではないでしょうか。

まとめ

仕事も人生も、何事も経験で学んで上手になっていくものだと思いますが、婚活においてもそれは一緒です。

 

「婚活がうまくいかない」→「無駄だな~でもしなきゃ」→「あーやっぱりうまくいかない」→「やっぱり婚活なんて無駄なのかなぁ」

 

というようなスパイラルでだらだら婚活をしているとしたら、たしかに時間もお金も、その全ては本当に無駄です。

 

 

簡単に「無駄だ」と思ってしまう思考回路を、「無駄にしない」という考え方に切り替えましょう。

 

婚活は、基本は自分との闘いですから、どこがいけなかったのか、自分の何がいけないのかを、人から教えてもらうことはできません。

 

それらは、すべて今まで自分でしてきた婚活の中から学んで変えていくことが必要で、「無駄にしない」という考えのもとに、常に自分の婚活を振り返り、いい方向に向上させていった人から、どんどん婚活を卒業していくのです。

 

 

婚活は、本当に結婚につながります。

 

というか、今のあなたの状況でおいて、結婚するためには婚活をするしかないんですよね?

 

だったら、無駄などと言っている時間はないはず。

 

結婚につながる婚活を自ら模索し、“婚活は無駄なんじゃないか”という考え自体を断っていきましょう。

関連記事はこちら

自分をみじめにするのは自分自身!婚活みじめスパイラルを脱するには?
婚活疲れをこじらせた“婚活うつ”とは?婚活うつの、原因と打開策!
婚活必死女子になってない?!必死さは猫かぶりで隠して、余裕の婚活を!
婚活あるある勘違い!あなたも勘違い丸出しな人になってない?
婚活は面倒くさい?婚活が面倒だと思ってしまう理由と、その対処法とは?
婚活がうまくいかないのはなぜ?婚活に疲れてしまった方必読のアドバイス!
婚活しても出会えない・・・「いい男いないシンドローム」を脱するには?
婚活が難しいと感じた時に見直すべきこと。婚活とは難しいもの?
気付いたら婚活貧乏!?貧乏を招く婚活にならないために気を付けたいこと!
「婚活をしている」というのは恥ずかしい?なぜ恥ずかしいと思ってしまうのか?
婚活で出会った相手に恋愛感情を持つのは無理?婚活と恋愛のバランスとは?
まさか自分は売れ残り?婚活市場で売れ残らないために今からすぐに出来ること!
婚活で売れ残る女の実態。早々に売れていく女とは何が違うのか?
婚活は、何を決め手にピリオドを打てばいい?後悔しない婚活の終わらせ方。
婚活をやめるという選択肢。婚活を辞めるという事は、結婚を諦めること?
婚活に妥協はつきもの?不要と妥協を区別して、満足のいく婚活をしよう。