自分をみじめにするのは自分自身!婚活みじめスパイラルを脱するには?

自分をみじめにするのは自分自身!婚活みじめスパイラルを脱するには?

自分をみじめにするのは自分自身!婚活みじめスパイラルを脱するには?

周りが結婚し始め、やがて子供も生まれるようになっても、自分には結婚の気配すらない…

 

となると、みじめな気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

 

 

でも、「あー自分ってみじめだなー」と思って婚活していると、そういう顔つきになってしまって、それがますます異性を遠ざけます。

 

婚活してもモテないからますますみじめに感じて、ますますみじめオーラが出て…

 

という、悲しきみじめスパイラルにはまってしまうことに。
.

 

自分の感情とうまくむきあって、婚活を乗り切りましょう。

婚活=みじめ?

そもそも婚活自体、結婚できない人がすることで、みじめ。

 

という考えの人。

 

なんだかそういう考えになってしまうこと自体が、みじめだと思いませんか?

 

 

仕事ばかりで気がついたらこんな歳、同性ばかりの職場で全く出会いがなかった、若い頃は結婚に興味がなかったけど歳とともに結婚願望が出てきた。

 

・・・等々、今まで独身でいることには人それぞれ理由があると思います。

 

 

でも、今の状況をみじめと思うということは、それまでの自分の人生や生き方を全て否定することになってしまいますよね。

 

そんなのは悲しすぎます。

 

 

ひと昔前であれば、“いい年になっても結婚していない、でも結婚したい”という人は、おせっかいな世話人にたのんで誰かとくっつけてもらうくらいしか手段がなかったもの。

 

しかし「婚活」という言葉が確立された今の時代には、同じ境遇の人同士が巡りあえるサービスが、本当にたくさんあります。

 

この時代に生きていることをラッキーだと思って、ありがたくそのサービスにのっかろうではありませんか!

自分をみじめに陥れているのは自分では?

婚活の場にいろいろ参加してみてはいるけど、なかなかいい出会いがない。

 

周りは次々に結婚していくなか、自分はがんばっているのに報われず、みじめ・・・

 

これは、婚活も中盤になってくると発症する人がいる、みじめ病です。

 

 

こういう相談をしてくる人の婚活を仔細に分析してみると、実際には異性からのアプローチがあったり、婚活パーティーなどでも異性から連絡先をもらったりしているのです。

 

 

それなのに、それらはまったく目に入っておらず、自分の設定した「理想の相手」だけをひたすら探し続け、「理想の相手」に出会えないから自分はみじめだと嘆いている。

 

そういう状況って、みじめなのではなく、ちょっと考えてみればまったく普通の状況です。

 

今さら言うことでもないですが、「理想の相手」なんていうのはそもそも存在しません。

 

だから、存在しない相手に出会えないのは、みじめなのではなく当然のこと。

 

 

出会えなくてみじめだと自分をかわいそうがっていますが、つまるところは理想が高すぎるのです。

 

とっても高いところばかりを見て、それがかなわないからといって、自分はみじめなのだと自身を仕立てあげてしまっているわけです。

 

 

結局は、婚活市場にいる人の中でしか、お相手を選ぶことはできません。

 

異性からアプローチがあったり連絡先をもらったりしている時点で、あなたは異性から求められているということで、みじめな事などちっとも無いはず。

 

 

自分は特にいいと思わなかった相手でも、せっかくアプローチしてくれたし、という理由で連絡をとりあってみたら、こんなに楽しい人だったんだ!婚活パーティーで感じた印象とは全然違う!ということだって、大いにありえます。

 

 

出会えない自分→みじめ というのは、あなた自身の驕りから出ている考えなのです。

みじめは、みじめスパイラルを呼ぶだけ。

人はなにか憂鬱なことがあると、隠そうとしてもそれが顔や態度に出てしまいますよね。

 

「もうすぐアレか、嫌だなぁ」と思いながら仕事をすると、仕事中にもため息が増えてはかどらず、結局仕事までうまくいかなくなる。

 

 

婚活でも、同じことが言えます。

 

なんか自分みじめだなぁと思いながら婚活をしていると、その憂鬱さが顔や態度に出て、目の前にいる異性からも敬遠され、婚活がはかどりません。

 

婚活がはかどらないからますますみじめさを感じ、それがますますにじみ出るから、婚活はますますうまくいかない、というスパイラルが待っています。

 

 

今まで散々ご説明してきたように、婚活は別にみじめじゃないし、婚活がうまくいかなくてみじめだと思うのも、その多くはあなたの驕りです。

 

みじめだと思って婚活をしていると、スパイラルにはまるだけで何もいいことがありません。

 

自分を切り替えて、前向きな気持ちで活動をしていきましょう。

まとめ

婚活をしている自分って、周囲からはみじめだと思われているんじゃないか、と考えている人がいますが、ご安心ください。

 

 

他人は、あなたが思っているほどあなたに興味はなく、そう思っているのはあなただけです。

 

婚活をしている自分はみじめ、婚活をしても出会えない自分はみじめ、と思うのは、いわゆる「考えすぎ」というもの。

 

言ってしまえば、被害妄想です。

 

 

前向きな考え方と行動力があれば、自分のことをみじめなどと思う暇はないはず。

 

世のなかには、何十万人という人が婚活をしているわけで、自分をみじめなどと思うよりも先に、一人でも多くの異性に出会いに出かけましょう!

関連記事はこちら

婚活疲れをこじらせた“婚活うつ”とは?婚活うつの、原因と打開策!
婚活必死女子になってない?!必死さは猫かぶりで隠して、余裕の婚活を!
婚活あるある勘違い!あなたも勘違い丸出しな人になってない?
婚活は面倒くさい?婚活が面倒だと思ってしまう理由と、その対処法とは?
婚活がうまくいかないのはなぜ?婚活に疲れてしまった方必読のアドバイス!
婚活しても無駄に思えてくる・・・婚活は本当に結婚につながるの?
婚活しても出会えない・・・「いい男いないシンドローム」を脱するには?
婚活が難しいと感じた時に見直すべきこと。婚活とは難しいもの?
気付いたら婚活貧乏!?貧乏を招く婚活にならないために気を付けたいこと!
「婚活をしている」というのは恥ずかしい?なぜ恥ずかしいと思ってしまうのか?
婚活で出会った相手に恋愛感情を持つのは無理?婚活と恋愛のバランスとは?
まさか自分は売れ残り?婚活市場で売れ残らないために今からすぐに出来ること!
婚活で売れ残る女の実態。早々に売れていく女とは何が違うのか?
婚活は、何を決め手にピリオドを打てばいい?後悔しない婚活の終わらせ方。
婚活をやめるという選択肢。婚活を辞めるという事は、結婚を諦めること?
婚活に妥協はつきもの?不要と妥協を区別して、満足のいく婚活をしよう。