婚活を始めて結婚するまでの期間てどれくらい? スピード婚を目指すためには?

婚活を始めて結婚するまでの期間てどれくらい? スピード婚を目指すためには?

婚活を始めて結婚するまでの期間てどれくらい? スピード婚を目指すためには?

結婚したい!と、とりあえず婚活を始めてみたものの、どれくらいの期間活動したら結婚までいけるのだろうか・・・?

 

婚活を始めると、誰もが最初に漠然と考える疑問ですよね。

 

婚活をした人はどれくらいでパートナーに出会い結婚に至っているのか、その期間や、婚活から結婚までをスムーズに運ぶ秘訣をご紹介していきます。

婚活開始から結婚まで、ズバリその平均期間とは?

結婚相談所のアドバイザーの方に、成婚した方の、出会いから結婚を決めるまでの期間の平均を聞いたところ、約3ヶ月という答えが返ってきました。

 

もう一人、筆者の友人で婚活パーティーを開催する会社を運営している方に同じことを聞くと、3ヶ月から半年、という返答でした。

 

 

つまり、婚活を経て結婚をした多くの人が、相手に出会ってから3~6ヶ月で結婚の意思を固めているという結果になります。

 

 

また、成婚した相手に出会うまでの期間は?という質問を前述の2人にしたところ、両者とも3~6ヶ月、という答えでした。

 

 

これをまとめると、婚活をして結婚をした人の多くが、婚活を始めて3~6ヶ月でパートナーに出会い、その方と3~6ヶ月の交際を経て結婚の意思を固めたということになります。

 

婚活開始から結婚決定までの期間で考えると、半年から1年という結果になりますね。

 

 

これに対して、婚活ではない自然な出会いで交際に至ったカップルの、出会いから結婚までの期間の平均は4年3ヶ月というデータもありますので、婚活を経ての結婚はいわゆるスピード婚と言ってもいいでしょう。

 

 

相談所のアドバイザーいわく、婚活をして結婚という結果までしっかりといきつくには、スピード感もとても重要だということです。

 

婚活において避けたいのは、いろんな人に出会っていくうちに、もっといい人がいるのではないか、この人に決めていいのだろうか、という疑問が出てきて、だらだらと婚活を続けてしまうことです。

 

 

結局、気が付いたら何年も婚活を続けてしまった、なのに結局結婚できなかった、というのは最も避けたいところ。

 

せっかく婚活をしたからには結婚という結果までいけるよう、スピード感も大事にしながら婚活を進めていきましょう。

結婚相手にはどこで出会える? 結婚を前提にできる相手に出会おう。

では実際に、婚活から結婚までを短い期間で実らせるには、どうしたらいいのか。

 

 

まず第一に、結婚したがっている異性に出会う必要がありますよね。

 

異性に出会える場として思い浮かぶのは、街コン、お見合いパーティー、婚活アプリ、結婚相談所、などでしょうか。

 

 

この婚活手段を、婚活開始から結婚までの期間が短い順に並べると

 

  1. 結婚相談所
  2. お見合いパーティー
  3. 街コン
  4. 婚活アプリ

 

となります。

 

 

これは言い換えれば、「本気で結婚したいと希望する人が多く在籍する順」です。

 

 

結婚相談所は、それなりの会費がかかり、入会にも審査があるので、本気で結婚を希望する人が集まるのは当然ですよね。

 

お見合いパーティーも、1回の参加費用がそこそこかかり、1対1での会話や最終的にはマッチングが設定されているので、本気の人の割合は多いでしょう。

 

 

街コンは、参加者同士で短いコンパを繰り返しながら気が合う相手を探す、というのがコンセプトですから、結婚相手を探すというよりは、とりあえず彼氏彼女を探す人向きです。

 

 

そしてアプリに至っては、入力されたプロフィールが本当かどうかもわかりませんし、下手をすれば写真だって別人のものかもしれません。

 

そんな手段では、スピード感ある婚活はできないでしょう。

 

 

今一度思い出してほしいのは、婚活は、「恋愛する相手を見つける」のが目的ではなく、「結婚する相手を見つける」のが目的だということ。

 

たとえたくさんの異性との出会いがあったとしても、それが結婚を前提に交際できる相手でなければ、意味がないということです。

 

 

婚活開始から結婚まで半年から1年というのは、お互いに結婚したいという希望が強い者同士が出会ったからこそ実現できるスピードなのです。

 

結婚相談所やお見合いパーティーはそれなりに費用もかかりますが、多くの人が長くても1年で結果を出して、結婚しているのです。

 

 

1年間の婚活への活動費用は、長い人生における自分への投資と考えれば、決して高い出費はないはず。

 

自分と同じように、結婚したいという強い気持ちを持つ異性とまず出会うことこそが、スピード婚への近道となるのです。

婚活はスタートダッシュが大事。最初からスパ―トをかけていこう!

婚活を開始し、結婚相談所に登録したりお見合いパーティーに行ってみると、多くの結婚を希望する異性がいることがわかり、ほっとするかもしれません。

 

こんなにたくさんの結婚を希望する異性がいるのなら、そのうち自分も理想の人に出会えて結婚できるだろう、と。

 

 

が、その考え、とっても甘いです。

 

 

ズバリ、婚活はスタートダッシュが一番大事!

 

 

たとえば、お見合いパーティーに参加したとしましょう。

 

初参加の時、当然異性は全員初対面の人ですよね。

 

 

何人かいいなと思う人がいたら、できる限りその全ての人と連絡を取り続けられるように努めてください。

 

マッチングできるのは一人だけですが、連絡先を渡すカードなどがあるはずですので、そういうものを有効活用しましょう。

 

 

そして、同時進行でそれらの人と連絡をとり続け、見極めていきましょう。

 

そんな面倒なことをせず、またすぐに次のお見合いパーティーに行けばどんどん新しい人と出会えるじゃん、と思うかもしれません。

 

 

そう思っている方、試しにたて続けに何回かお見合いパーティーに参加してみると、そうではない事がわかります。

 

参加している異性が、少しずつ重複してくるのです。

 

「あの人また来てる」ということになると同時に、相手からもそう思われていることになります。

 

 

参加回数が増えれば増えるほど、顔見知りの異性も増え、選択肢が狭まっていく、ということなんですね。

 

なので、理想の人を求めて何回も参加するのではなく、参加回数を減らし、1度でたくさんの人とのパイプを繋げるのがおすすめ。

 

参加費用も抑えられて、一石二鳥です。

 

 

結婚相談所にしても、システムに一定の条件を入れて相手を選別した時、登録日数の浅い人から順に並んで出てくる場合が多いのです。

 

自分が登録して間もない頃は、誰かの検索にひっかかった場合、早く見つけてもらうことができ、お声がかかりやすくなります。

 

 

しかし登録して月日が経つと、その順番が後ろまわしにされてくるのです。

 

誰かの検索に自分がひっかかっても、例えば100人中80人目のところにいたら、その人はそこまで目を通してくれないかもしれません。

 

 

自分が検索するにしても、登録当初は、一定の条件を入れて検索をしても、かなりの人数の候補が出てくるはずです。

 

その時点で、自分のストライクゾーンを広くして、たくさんの人に声をかけてみましょう。

 

 

最初の段階に出てきたそれらの人を一通り見終わってしまったら、後は条件を広げて再検索しなおすか、新規入会の人を待つしかなくなってしまい、一気に選択肢が狭まってしまいます。

 

 

このように婚活は、始めたその瞬間が、一番たくさんの出会いに恵まれているのです。

 

たくさんの人がいるからといって条件を狭めて人数を絞ってしまうのではなく、より多くの人とコミュニケーションをとり、可能性を広げていきましょう。

 

 

同時進行というと聞こえは悪いですが、何人かの人と同時に連絡をとりあっていると、比較されることで、この人は波長が合う、心地いい、という人が自然と見えてくるはずです。

 

スタートダッシュを大事に、ゴールまでを一気にめざしていきましょう。

出会いから交際、結婚はテンポよく!

出会ってお互い気が合うと感じたら、交際に発展すると思います。

 

そうしたら、結婚する上で聞いておきたいこと、自分が譲れないと思うことを、話し合いましょう。

 

 

自分の生活スタイルや、結婚後はこう暮らしていきたいというような理想像、生活していくうえで重要視していることなどを、お互いが話していきましょう。

 

また、子供が欲しいと思っているか、結婚後も女性が働くかどうか、収入のことやお互いの親族のこと、親の老後をどう考えているか。

 

 

そういう、結婚後の生活に直結してくるお互いの考え方を、早い段階で話し合うのも、大事なことです。

 

 

いきなりそんな話・・・と思うかもしれませんが、結婚を前提にした交際である以上、相手の方にとっても当然気になる事項のはずです。

 

自分はこういう結婚生活がしたい!自分の理想はこうだ!と自分の希望ばかりを一方に言うのではなく、こういう生活に憧れているんだけど、どう思う?というように、相手の希望を聞き出しながら、自分の考えと照らし合わせていきましょう。

 

 

そういう話がしっくり合う相手であれば、この人と結婚したらうまくいきそう、とお互いが自然に考えるようになります。

 

そしてお互いが気持ちを固め始めたことがわかってきたら、まずは親御さんへご挨拶に行きたい旨を伝えましょう。

 

 

婚約など具体的な話が出ていなくても、ご挨拶が早すぎるということはありません。

 

結婚ということは、自分たちだけの問題ではなく、家と家が繋がること。

 

早い段階で相手の方のご両親に会い、結婚の意思があるということを伝えるというのは、ご両親に対しても、相手の方に対しても、大変好感度が高い行動です。

 

 

ご両親に気に入っていただければ、結婚の話にも拍車がかかることでしょう。

 

 

こういった流れを経て最終的にお互いの気持ちを確認し合えたら、プロポーズ、そして婚約という流れになり、いよいよ婚活も卒業ということになります。

まとめ

いざ婚活を始めるという時は、一体いつまでかかるのか、本当に結婚までいけるのか、と、誰しも不安や疑問が強くあると思います。

 

そして難しく考えてしまいがちなのですが、実際婚活というのは、とてもシンプルです。

 

結婚を強く希望する男女が出会い、その中で一緒に生活していけそうな人を選び、お互いの意思を確認して、結婚を決める。

 

そしてその過程で常に意識したいのが、自分が求めているのは、恋愛ではなく結婚ということ。

 

 

恋愛というのは、お互いのプライベートを尊重しながらも時間をつくって会ったり、一緒に出掛けたりして、楽しい時間を重ねながらお互いの理解を深めていくことですよね。

 

楽しい時間を過ごせるというのはもちろん重要ですが、結婚するというは、この先の人生を一緒に生きていくこと。

 

自然に、飾らずに、一緒の時間を共有できるかどうかの方が、重要になってくるのです。

 

 

そして婚活は、時間をかければもっといい人に出会える、というものでもありません。

 

何かともてはやされていた新入社員がやがて中堅、古株となっていくように、婚活市場でも、参加したその瞬間が一番もてはやされ、自分の選択肢も広いのです。

 

 

時間が経つとともに婚活市場内に顔見知りの異性が増えて、自分の選択肢は減っていくことになります。

 

 

また、長引けば「婚活疲れ」が出てきて意欲も薄れ、いいことはひとつもありません。

 

これから婚活を始めようという人は、ぜひスピード感やテンポを意識して婚活を進め、スピード婚を勝ち取ってくださいね。