婚活で出会った相手に恋愛感情を持つのは無理?婚活と恋愛のバランスとは?

婚活で出会った相手に恋愛感情を持つのは無理?婚活と恋愛のバランスとは?

婚活で出会った相手に恋愛感情を持つのは無理?婚活と恋愛のバランスとは?

婚活に手を出し始める人は、彼氏や彼女というパートナーがほしいというより、結婚相手がほしいという気持ちが強くなり始めていると思います。

 

今まで、恋愛の延長上に結婚があると思っていたのに、この年齢になったら、そんな時間などない。

 

だから、恋愛と結婚はもはや別のものだととらえている人もいるかもしれません。

 

婚活において、恋愛感情というのをどう考えたらいいのか、それを考えていきましょう。

婚活に恋愛感情は必要か?

「婚活」という言葉は結婚をするための活動を示しているところからも、結婚をするためにはもう恋愛感情がどうとか言っていられない!条件が良ければその人に決める!という気合で婚活に臨む人もいるかと思います。

 

ですが、最終的に婚活を卒業した人を見ると、少なからず恋愛をして結婚に至っている場合がほとんどなのです。

 

 

ひと昔前だったら、親が決めた相手と有無を言わさず結婚させられたり、見合いで3回会ったら次は結納が待っていたりと、本人たちの恋愛感情は婚活においては全く無視されたときもありました。

 

しかし、恋愛で結婚するのが当たり前のようなこの世の中に生きていて、いくら条件が整った相手だからといって、恋愛感情がなくても結婚をすることはできるでしょうか?

 

 

つまるところ、たとえばお金をものすごくたくさん稼げる相手であれば、どんなことを言われてもされても、耐え続ける覚悟で結婚するということでしょうか?

 

結婚をすること自体は可能ですね、婚姻届けを出せばいいのですから。

 

でも、その結婚が長続きしないであろうことは一目瞭然ですし、そうして手に入れた結婚は、その人にとって幸せなのでしょうか・・・?

 

 

婚活=結婚するための活動、であることは、まさにその通りでしょう。

 

しかし今は強制的に結婚を受け入れざるをえなかった昔とは違うわけで、婚活=「幸せな」結婚をするための活動、というのが正しいのではないでしょうか。

 

そして、「幸せな」結婚をするために不可欠なのは、やはり恋愛感情ではないかと思うのです。

婚活で出会った相手には、なかなか恋愛感情が抱けない?

“婚活の場で出会った相手にはなかなか恋愛感情を抱けない”という人がいるのですが、取引先で出会った独身の相手と婚活の場で出会った独身の相手は、何が違うというのでしょうか。

 

今まで恋愛感情を抱ける相手に出会わず、その結果パートナーがいないからこそ婚活を始めたわけですよね。

 

それなのに婚活の場での出会いでは…と言い出す人は、じゃあ一体どこで出会った相手なら恋愛感情が抱けるというのでしょうか?

 

 

進学するごとに新しい出会いがあった学生時代とは違い、大人になったら、自分から新しいコミュニティを開拓するなど、出会うためには何かしらアクションを起こさないと、なかなか新しい人との出会いは得にくいです。

 

出会いを求めてスポーツクラブに入会するのと、出会いを求めて婚活パーティーに行くことはまったく同じで、婚活だってひとつの出会いの方法というだけのこと。

 

 

「婚活の場で出会った」ということで、相手をまず条件で吟味し、相手のことを全く何も知らないうちから、相手に興味を持つ気持ちを押しとどめてしまってはいないでしょうか。

 

この人とは話が合うような気はするけど、年収がこれだけしかないから、これ以上関わるのはやめておこう、というように。

 

 

貴重な出会いがあっても出会っていないふりをしていては何にもなりません。

 

話が合うとかフィーリングが合うとか雰囲気が似ているとか、恋愛感情への第一歩って、そういうことからですよね。

 

試みてもいないのに「この人との恋愛は無理だ」「婚活の出会いで恋愛感情をもつのは難しい」と決めつけているのは、実は自分自身だったりしませんか?

「あなたが好きー!」という直観的な気持ちだけが恋愛感情ではない。

若い頃は、この人の顔が好き!この人の雰囲気が好き!というような直観だけで「あなたが好きー!」という気持ちが高まり、恋愛感情というのはとってもわかりやすいものでした。

 

でも大人になってくると、「あなたが好きー!」という強い気持ちに駆られることは、少なくなってくると思います。

 

 

そんな大人の恋愛感情というのは、なんとなく話が合うな、優しい人だな、この人とフィーリングが合うな、というようなパズルの断片的な感情が少しずつ集まり、最終的に恋愛感情という一つの形になる、そういうものなのではないでしょうか。

 

「この人が好き」という強い感情だけを性急に追い求めてしまうと、この人も違う、この人も違う、ということになってしまいます。

 

 

だんだんお互いの感情のピースが埋まってくると、「この人が好き」というより、自分が相手を大事に思っている気持ちに、自分自身が気づけると思います。

 

それが、いわゆる大人の恋愛感情ですよね。

 

 

「あなたが好き!」という気持ちになれる相手=恋愛感情を持てる相手という考え方は卒業し、恋愛感情というのは自分自身が育てるものだという認識を持ちましょう。

 

好きという言葉だけでは表現できない、相手をいとおしく思う気持ちが、恋愛感情です。

 

直観的に沸き上がった恋愛感情よりも、自分の中でじっくり育てた恋愛感情の方が、ずっと長く2人の間にとどまってくれるはずでしょう。

まとめ

婚活というのは、ある意味、全力で恋愛できるフィールドではないかと思っています。

 

電車の中で偶然に出会った独身は、出会いや結婚を求めている人かどうかわかりませんが、婚活で出会った独身は皆、出会いや結婚を求めて参加している人なのです。

 

出会う異性が一様にそうである環境で、その中の一人と自然に恋に落ちれば、結婚は結果的についてくるはず。

 

 

婚活と恋愛は別だという考え方は、とってもナンセンスです。

 

婚活とは、結婚を得るための活動ですが、それ以前に、最後の恋を求めるための活動でもあります。

 

 

結婚したら、その夫になった人としかもう恋愛ができないんですよ?

 

そうなる前に、婚活市場で出会うたくさんの異性と、多いに恋愛を楽しみましょう。

関連記事はこちら

自分をみじめにするのは自分自身!婚活みじめスパイラルを脱するには?
婚活疲れをこじらせた“婚活うつ”とは?婚活うつの、原因と打開策!
婚活必死女子になってない?!必死さは猫かぶりで隠して、余裕の婚活を!
婚活あるある勘違い!あなたも勘違い丸出しな人になってない?
婚活は面倒くさい?婚活が面倒だと思ってしまう理由と、その対処法とは?
婚活がうまくいかないのはなぜ?婚活に疲れてしまった方必読のアドバイス!
婚活しても無駄に思えてくる・・・婚活は本当に結婚につながるの?
婚活しても出会えない・・・「いい男いないシンドローム」を脱するには?
婚活が難しいと感じた時に見直すべきこと。婚活とは難しいもの?
気付いたら婚活貧乏!?貧乏を招く婚活にならないために気を付けたいこと!
「婚活をしている」というのは恥ずかしい?なぜ恥ずかしいと思ってしまうのか?
まさか自分は売れ残り?婚活市場で売れ残らないために今からすぐに出来ること!
婚活で売れ残る女の実態。早々に売れていく女とは何が違うのか?
婚活は、何を決め手にピリオドを打てばいい?後悔しない婚活の終わらせ方。
婚活をやめるという選択肢。婚活を辞めるという事は、結婚を諦めること?
婚活に妥協はつきもの?不要と妥協を区別して、満足のいく婚活をしよう。