婚活で割り勘はありかなしか? 1回目のデートはおごるべき?

婚活で割り勘はありかなしか? 1回目のデートはおごるべき?

婚活で割り勘はありかなしか?1回目のデートはおごるべき?女性の本音は?

割り勘

 

婚活で出会った相手とのデートの約束。

 

それ自体は楽しみなのですが、一緒に食事をするとなると気になってくるのが、お会計です。

 

 

割り勘にしていいものか、おごるべきか、男性は心の中で葛藤があるかもしれません。

 

 

婚活をするからには、割り勘というのはナシなのでしょうか?

 

また女性側は、割り勘についてどう考えているのでしょうか?


婚活で1回目のデートから割り勘にするのはダメ?

不満な女性

婚活パーティーなどで出会った後の最初のデートくらいは男性がおごりましょう、と書いてある婚活マニュアルは多いですよね。

 

婚活で割り勘にするのを悪いことだとは全く思いませんが、確かにこれはいろんな意味で一理あるかな、と思います。

 

 

男性としては、始めの1回をおごると、この先ずっとおごらなければいけなくなりそう、おごってもらえると相手が思ってしまいそう、という心配があって、1回目から割り勘を選択する人もいるかもしれません。

 

 

たしかに男女平等の世の中で割り勘はごく当たり前のことに思えますが、これから恋愛が始まるかもしれないという夢のある1回目のデート。

 

そこで「2500円だったからじゃあ1250円ね」という言葉は、女性としては夢を吹っ飛ばして超現実を突きつけられるに十分すぎる一言なのです。

 

 

「1回目は男性がおごりましょう」というマニュアルが横行している以上、女性もそれを目にしているわけで、はじめの1回くらいはご馳走してくれるかな、という期待も少しはあるのが女性の本音。

 

それは、お金が惜しいからおごってほしいということではなく、自分への好意があるなら、これから自分ともうちょっと関係を深めたいという気持ちがあるのなら、せめて1回目くらいは出してほしい、という、あなたの誠意を測る意味でもあるのです。

 

 

そこでいきなり割り勘を突きつけられると、実に勝手な話ではありますが、女性は一気に相手への気持ちが冷めてしまいかねません。

 

ですから、1回目のデートでは、マニュアル通り男性がおごることをおすすめします。

 

 

1回目のデートをランチで設定すれば、1人千円前後で飲食できますから、おごると言っても知れています。

 

その際、相手の反応を忘れず確かめてみてください。

 

 

本当に払う気でお会計のタイミングでお財布を出してきた、店を出た後に金額を聞いてきた、払うそぶりはみせずただ「ごちそうさま」と言ってきた、おごっても何の反応もなかった。

 

女性の反応はいろいろだと思います。

 

 

そこで、あなた側としても女性のお会計に対する意識が少し垣間見れ、次回誘うかどうかの参考になるのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、本当に割り勘をしようとお金を出してくれる女性には、「最初くらいは自分が払うよ」「初回だからカッコつけて今日は出すよ」など、「今日は初めてのデートだから」という言葉で返すと、次回以降は割り勘を言い出しやすいですよね。

 

1回ランチをおごることで、相手の傾向を少しうかがうこともできますから、男性側も状況視察だと割り切って、1回目はおごるのが無難かな、と思います。


2回目以降のデートのお会計は、どうするべき?

1回目はぜひ男性側がランチをおごってくださいとご提案しましたが、2回目以降は、男性の好きなスタンスでお会計をすればいいと思います。

 

レジで「じゃあ3000円お願いね」というふうにお財布を出し合うのもいいでしょうし、いったん自分が払って店の外に出てから、「全部で7000円だったから、3000円いいかな?」と言うのもいいと思います。

 

もちろんおごり派の人は、女性にいくらだったか聞かれても、そんなのいいよと断ればいいでしょう。

 

 

男性側が毎回全額おごれればカッコいいのかもしれませんが、なかなか婚活にばかりお金をつかうわけにもいかず、実際には難しいですよね。

 

また女性も、男性にはおごってほしいと思っている人、毎回おごってもらうのは恐縮だという人や、そもそもおごられるのは施しみたいだからキッチリ自分も払いたいという考えの人もいます。

 

 

男性から割り勘を提案されたら、おごられたい女性でもその場は払うしかありませんが、その時点で頭の中ではこの先のことを考えていて、もしかしたら次回はないかもしれません。

 

でもそれはそれでお金の価値観が合っていない相手だったということなので、しょうがないこと。

 

 

また、基本はおごる派の男性が、2回目以降も自分が全額負担しようとするのに対し、女性から「私も少し出します」「私は割り勘派なので払います」などの申し出があるかもしれません。

 

その時は、相手の厚意を受け入れればいいでしょう。

 

 

あくまで割り勘にするか否かは、男性側に主導権があることなのです。

 

1回目は別として、2回目以降は、おごらないとカッコ悪いと思われるかな、などという心配は不要です。

 

 

婚活ではこの先一生を一緒に過ごす相手を探しているわけで、結婚する相手ともなれば金銭感覚はとても大きな問題です。

 

これは婚活なのですから、自分の金銭感覚を相手に示し、それに呼応してくれるかどうかで、この人との将来があるかどうかを考えればいいだけのことなのです。

おごるか割り勘かで、結婚後の生活スタイルを勝手に想像されることはある。

おごる男性

おごる派男性と割り勘派男性。

 

婚活において、やはり人気があるのは、おごる派の男性でしょう。

 

というのも、女性からすると、おごってもらってお金が浮いてラッキーということよりも、相手がおごってくれるか割り勘かというのを、結婚後の家計の考え方に投影して考える人が多いからです。

 

 

とっても安易な構図ですが、“おごってくれる=全部俺が出す=結婚後も俺が全部家計を支えて養う=出産なども安心”というように、おごってくれる人は甲斐性がある人で、妻子を自分が養うという自覚が強い人だと女性はとらえます。

 

 

もちろん、男性の給与によっては女性も働かなくてはならない場合もあるとは思います。

 

しかし現実問題がどうかというより、おごってくれる人というのは「結婚後は自分が家族を養う大黒柱になる」という自覚が強い人だととらえられ、結婚後に出産を控える女性としては、安心ができるのです。

 

 

一方割り勘派の男性は、結婚後も女性が働き続けて2馬力で家計を支えることを前提に考えているのかな、と女性に思わせてしまう部分があります。

 

 

最近は結婚後も働きたい女性も多いので、問題ないといえば問題ないのですが、やはり出産となると、その後も仕事を継続できるかは不安な部分も多いもの。

 

結婚後の家計に自分の収入もアテにされていることに、不安を覚える女性もいます。

 

 

実際に男性が、おごる=専業主婦の妻を希望、割り勘=結婚出産しても働く妻を希望というわけではないでしょうが、そのように女性がとらえがちということは認識しておいた方がいいかもしれません。

 

婚活のデート代はおごるけど結婚後に専業主婦になられるのは困る、ということであれば、そういうことについても、折に触れて話してみた方がいいかもしれませんね。


まとめ

デートは男性がおごるべきか否か、というのは、男女論争の永遠のテーマかもしれません。

 

しかし、殊に婚活においては、男性がおごる「べき」かどうかという一般論は関係なく、特に割り勘派の男性は、最初から自分の金銭感覚を提示し、それによって連絡がなくなった女性とはご縁がなかったという考え方をすればいいと思います。

 

この先長く一緒にいることを考えれば、お互いに無理がないことが一番ですよね。

 

 

また、お互いの年齢差や年収差などによっても、お金を出す割合は変わってくると思います。

 

そういうことが自然にしっくりきて、いつの間にか2人のお会計ルールができているようなカップルは、将来のことについても自然と考えることができるのではないでしょうか。

 

 

お金の感覚は、将来を考えるうえでひとつの大きなバロメーターになります。

 

婚活で割り勘をするのかどうするのかというのは、その判断の第1歩だと思います。

 

お互いが無理なくやっていける金銭バランスを自然にとれる相手を、婚活で見つけ出せるようにがんばっていきたいですね。