婚活で年上女性はアリ??気になる婚活男性の本音と年上女性の魅力とは?

婚活で年上女性はアリ??気になる婚活男性の本音と年上女性の魅力とは?

婚活で年上女性はアリ??気になる婚活男性の本音と年上女性の魅力とは?

婚活している女性で多くの人が気にしているのは、自分の年齢ではないでしょうか。

 

自分は年下の男性でもウェルカムだけど、実際に男性側は、婚活で出会う年上女性のことをどう思っているのか?

 

気になるところですよね。

 

婚活男性からみた年上女性への本音を、さぐってみましょう。

婚活男性に聞く!婚活で出会う年上女性は、アリ?

婚活している男性にアンケートした結果、20代ではなんと7割が、また30代でも4割が、年上女性は「アリ」だと答えています。

 

平均して半分くらいの男性が、婚活相手として年上女性は「アリ」と思っている。

 

年齢が気になる婚活中の女性としては、うれしい結果ですよね。

 

 

男性は若い女性が好きだと思われがちですが、結婚相手となると、ある程度自立している年上女性は、十分射程圏内ということなのかもしれません。

 

では婚活中の男性は、年上女性のどんなところに魅かれて「アリ」だと思っているのでしょうか?

婚活中の男性が考える、年上女性の魅力とは?

魅力1.心に余裕があり、安定感・安心感があるところ。

男性が女性に辟易することのひとつとして、“かまってちゃん”な部分が挙げられると思います。

 

頻繁なラインや電話に加え、「なんでラインの返信が遅いの?」「どうして今週末は会えないの?」など、自分最優先でかまってほしい女性は多いですよね。

 

とにかく常に“あなたのことを考えているよ”というアピールをしないことには、なかなか相手が納得してくれない。

 

 

そんな女性に疲れた男性達が目を向けるのが、年上女性です。

 

昔は“かまってちゃん”だった女性も、歳と共に落ち着きや心の余裕を得て、自分本位な考え方ではなくなってきます。

 

 

少しくらい返信が遅くても、「仕事が忙しいのかな」くらいに思ってくれるし、年上女性は自身も仕事バリバリという人が多いので、自分の仕事についても理解を示してくれる。

 

そんな年上女性の心の余裕に、年下男性たちは魅かれるのです。

魅力2.経済的にも余裕があり、対等が当たり前と考えているところ。

女性とデートする時に男性の頭を悩ませるのが、お会計問題。

 

相手が年下だと、立場的に自分がおごるべきなのかな、割り勘を提案すると敬遠されるかな、など、頭の中でいろいろ考えると思います。

 

 

しかし相手が年上女性となれば、ちょっと状況は変わってきます。

 

相手は年上だしもしかしたら自分より稼いでいるかも、という思いで割り勘も言い出しやすい。

 

さらに、女性側としても自分が年上であることを踏まえて、割り勘が当然と思っていることが多く、手際よく自分の分のお会計を渡してくれる人も多いです。

 

 

このご時世、男性もお財布に余裕がある人は多くはありません。

 

最初から割り勘を当たり前と考えてくれる年上女性は、デートにも誘いやすい相手であるといえるでしょう。

魅力3.面倒見がいいのに、いざという時は自分を立ててくれるところ。

「草食男子」なんて言葉が定着している現代。

 

男性だって引っ張るだけの立場は疲れるし、たまには女性に引っ張ってほしいし甘えたい。

 

そんな願望を満たせるのは、やはり年上女性ならでは、でしょう。

 

 

年上女性は、会社においても年下の面倒を見る立場になってきて、年下男性の扱いは慣れたもの。

 

ポイントを押さえた言葉をかけてくれ、癒しを与えてくれます。

 

 

また年上女性のもうひとつの魅力は、“男を立てる”ということを知っていること。

 

いつもは男性側が甘える関係であっても、社交的な場ではしっかりと男性を立てた発言をしてくれます。

 

そんな臨機応変な縁の下の力持ちさは、経験を積んだ年上女性こその持ち味といえます。

年上女性が、婚活中に気をつけたいこととは?

いろいろな面で余裕があり、頼れる年上女性ですが、やはり婚活中の男性としては気掛かりなこともあります。

 

 

それはやはり、年齢がいっている分、結婚を急かされるんじゃないか、ということです。

 

婚活の場での出会いということでお互い結婚を視野にはいれているとは思いますが、年上ということもあって、よりいっそう早く結婚したい感が強いのではないか、という危惧がついてまわります。

 

それこそが、年上女性に、年上女性の「余裕」を持って乗り越えてほしいところ。

 

 

本当に「この人と結婚しよう」と思っていたとしても、実際に相手から「ねぇ結婚するんだよね?」「私達いつ結婚するの?」とせかされると、結婚したい気持ちも薄れてきてしまうのが人間いうもの。

 

 

年上女性ですから、尚のことそこを突っ込んで聞きたい気持ちは十分わかりますが、そこはぐっと我慢し、大人の余裕を見せましょう。

 

男性には男性のタイミングというものがありますから、急かしていいことは何もありません。

 

 

普段の癒しや安定感をしっかり提供することで、この人と結婚したらこんなに落ち着いた毎日が送れるんだということを男性に感じさせ、一刻も早く待ちわびた言葉を言わせるように、仕向けていきましょう。

「姉コン」を利用して、年上女性好き男性と効率的に出会おう。

女性を年上に限定して年齢設定をした婚活パーティーを、世間では「姉コン」と呼んでいます。

 

そしていまや姉コンは、定期的に開催されている人気ぶり。

 

年上女性もまだまだ捨てたもんじゃない、ということがうかがえます。

 

 

実際「姉コン」に来る男性というのは、年上女性と出会いたくて来ているわけですから、普通の婚活パーティーよりは「姉コン」に参加した方が、選択肢は広がりますよね。

 

 

婚活パーティーだけでなく街コンなどでも、女性の方が対象年齢を高く設定したものが開催されていることもあります。

 

こういった年上女性好きな男性が集まる場を積極的に利用して、年下男性との出会いを広げてみてください。

まとめ

30代後半から40歳付近の女性だと、結婚するカップルの半分以上は女性が歳上、というデータもあります。

 

婚活において女性の年齢はタブー視されがちですが、年齢を重ねたからこその経験や余裕に魅力を感じる男性も多くいるということの実証ですね。

 

 

年上であるからには、当然、年下にない魅力を兼ね備えていなくてはなりません。

 

年下であれば、ただ顔が可愛くて若いといいうだけで全てが許されるような世界かもしれませんが、年上となると、少々テクニックが必要。

 

婚活の場においても、話を聞く技術、うまく話を引き出す技術、男性を褒めたり立てたりする技術というのは、社会人経験の豊富な年上女性だからこそ備わっているテクニックではないでしょうか。

 

 

そういったものをうまく使いながら、年上女性には、年齢だけにとらわれない、もっと自由で視野の広い婚活をしてほしいとおもいます。